ニュース

シンディ・ローパー新作、ブルース作として異例のオリコン洋楽チャート11位! 来日直前、最新ライヴ・レポート到着

シンディ・ローパー   2011/03/04 16:28掲載
はてなブックマークに追加
シンディ・ローパー新作、ブルース作として異例のオリコン洋楽チャート11位! 来日直前、最新ライヴ・レポート到着
 先日発売されたシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)の最新アルバム『メンフィス・ブルース』が3月7日付週間オリコン洋楽チャートで初登場11位を記録しました。これはブルース・アルバムとしては異例となる上位ランクイン! そして待望の日本公演まであと2週間と迫るなか、ブラジル公演のライヴ・レポートが到着しました。

 2011年の<メンフィス・ブルース・ツアー>は、2月19日にブラジルからスタート! 今回は3月1日Porto AlegreのTeatro do Bourbon Countryにて行なわれた最新ライヴのレポートをお届けします。

 バックにメンフィス・ブルース・ドリームチームを従え、髪を切り、黒革レザーの衣装で決めたシンディ。そのイメージ通りのかなりタイトでソリッドなパフォーマンスを繰り広げてくれました。新曲はもちろん、「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」「タイム・アフター・タイム」「トゥルー・カラーズ」などの名曲の数々も満載!

 オープニングは『メンフィス・ブルース』からのリード・トラック「ジャスト・ユア・フール」。アップ・テンポのこの曲で会場内はすでにヒートアップ。3曲目には早くもおなじみの「シー・バップ」。ブラジルで大人気の「シャイン」は会場中のファンからのリクエストに応えて急遽セットリストを変え演奏しました。そこから感動的な「オール・スルー・ザ・ナイト」へ。新曲と名曲を挟みながら、この日のハイライトのひとつともいえる「グーニーズはグッドイナフ」は最初にシンディのアカペラとともに会場中のファンが大合唱、そこからバンド・サウンドが突入し、見事なアレンジで全く新しい曲に生まれ変わっていました。本編ラストは2ndアルバム『トゥルー・カラーズ』のオープニング・ナンバー「チェンジ・オブ・ハート」で大盛り上がりの中終了。

 そして、アンコールでは待ってましたの名曲のオンパレード! 「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」は「Iko Iko」を挟みながらの熱唱。感動の「タイム・アフター・タイム」ではダルシマーが登場し、ほとんど最初から会場中が大合唱状態! 日本でもこの一体感が見られるとなるとたまらないでしょう。そしてラストを飾るのは「トゥルー・カラーズ」。これまたシンディ自らダルシマーを弾き、切々と歌い上げ、最後の部分は声を張り上げて絶唱! 会場も最高潮に達して大歓声。そこから、今度は拳を突き上げてジョン・レノンの「パワー・トゥ・ザ・ピープル」を。これまた会場中大合唱のうち感動的に終了となりました。

 今回は今までは見せなかったシンディの新たな一面を見せてくれるライヴで、ヴォーカリストの凄さ、素晴らしさ、そして観るものすべてに「パワー」を与えてくれるパフォーマンスと言えそうです。

 さらに、来日を直前にして最新のシンディのコメントも到着。

 「来日公演は新作とともに、これまでのおなじみの曲もたくさんやるわ。今回はバンドがブルース&ソウルのドリームチームなのよ。だから、毎日がマジック! 彼らがもたらすサウンドへの味付けがきっと曲に凄いパワーを与えてくれるはず。みんなが聴きたい曲ももちろんやるけど、新しい魂を吹き込んでるから、この感覚は今回しか味わえないはず。みんな気にいってくれると思うし、マジックを感じてほしいわ!」(シンディ・ローパー)
 さらにこんなメッセージも。

 「ブルースは人々を勇気づける、元気づける音楽でもあるの。ひどい状況にも負けず、何度でも立ち上がろう! という気持ちを込めて歌ってるわ。今は世界中の人たちがブルーになってる。景気が悪くて、家や仕事も失ってしまった人たちもたくさんいる。何をやってもうまくいかない人もいる。そんなみんなに元気を出して!って言いたいのよ」(シンディ・ローパー)
  日本公演まであとわずか。東京の会場は初のオーチャード・ホール。これ以上ない環境で新たな「ここでしか見れないシンディ」の姿を見られるはずです。そして、きっとシンディのパフォーマンスは観るものすべてにパワーを、そして、元気と勇気を与えてくれるはず。絶対見逃せない「特別な夜」になるでしょう。

 シンディ曰く「日本公演でしかやらない曲もあるわよ!」とのこと。日本公演まであとわずか、楽しみに待ちましょう!




<シンディ・ローパー ジャパン・ツアー2011>
3月15日(火)名古屋:中京大学文化市民会館オーロラホール
3月16日(水) / 17(木) / 18(金)東京 unkamura オーチャードホール
3月21日(月・祝) / (火)大阪 HK大阪ホール
詳細・お問い合わせ: http://cyndilauper-japantour.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015