ニュース

デヴィッド・ボウイ生涯最高のライヴ映画『ジギー・スターダスト』1月公開決定

デヴィッド・ボウイ   2021/09/17 13:06掲載
はてなブックマークに追加
デヴィッド・ボウイ生涯最高のライヴ映画『ジギー・スターダスト』1月公開決定
 デヴィッド・ボウイ生誕75年にして、彼をスーパースターに押し上げた、ロック史上に燦然と輝く名盤『ジギー・スターダスト』発売より50年を迎える2022年。「ジギー・スターダスト」ツアーの伝説的な最終公演を収めた1973年のライヴ映画『ジギー・スターダスト』(原題: Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)が、ボウイの誕生日である1月8日(土)の前日7日(金)より、東京・Bunkamuraル・シネマほかにて公開されることが決定。公開に先駆けてメイン・ヴィジュアルが公開されています。

 5年後に滅びようとする地球に異星からやってきたスーパースター“ジギー・スターダスト”にデヴィッド・ボウイが扮し、ロックスターとしての成功からその没落、絶望から復活までを壮大に描いたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』。ラジオでジギーの曲をはじめて聴いた子どもの視点で歌った名曲「スターマン」、ジギーの絶頂から没落の物語をバック・バンドの目線で描き出した「屈折する星くず」、そして絶望からの復活を叫ぶ「ロックン・ロールの自殺者」まで、一分の隙もないドラマティックなジギー・ワールドが展開されるロック史上屈指の名盤として知られています。

 映画『ジギー・スターダスト』は、ボウイが1972年から73年にかけてイギリス、アメリカ、日本で行なった長期ツアーの最終公演、英ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での伝説的なライヴを撮影したドキュメンタリーで、ボウイ自身が製作に関わった生涯最高のライヴ映画。この時のステージ衣装にはロンドンでコレクションを発表して間もない27歳の山本寛斎が参加。監督はボブ・ディランのイギリス・ツアーを追った『ドント・ルック・バック』で、音楽ドキュメンタリーの歴史に一線を画した、アカデミー賞名誉賞受賞監督D.A.ペネベイカー。全曲の歌詞翻訳を含む字幕はシュガー・ベイブのベーシストだった寺尾次郎が務めます。

 公開されたヴィジュアルは、ライヴが一気に盛り上がっていく終盤、ボウイのパントマイムが見られる「円軌道の幅」で扉をこじ開け空に羽ばたいていく姿、“お前は二度と神に屈しない”という歌詞につながっていく場面を切り取ったもの。また「チェンジス」の歌詞から、“変わるんだ 大人になっても変化しろ”というフレーズを採用。ボウイが生涯を通じて発した「運命に負けず自らを変革し続けよう」というメッセージが託されたポスターとなっています。

 ボウイが2016年、寺尾次郎が2018年、ペネベイカーが2019年、山本寛斎が2020年、相次いでこの世を去っていきましたが、50年目の『ジギー・スターダスト』は永遠の命をさらに輝かせ、未来を見失いそうな地球人を挑発し、勇気を奮い立たせてくれるはずです。

 なお、2022年1月より、「デヴィッド・ボウイ75th Anniversary BOWIE 1947/ 2022」がスタート。本作公開のほか、トリビュート・ライヴ(2月24日[木]東京・渋谷クラブクアトロ)やトークイベント(1月10日[月・祝]東京・渋谷ロフトナイン)などの開催も決定しています。

© Jones-Tintoretto Entertainment Co.,LLC

映画『ジギー・スターダスト』
2022年1月7日(金)より東京 Bunkamuraル・シネマ、
2022年1月28日(金)より東京 アップリンク吉祥寺他にて全国順次公開
twitter.com/ziggymovie
配給: オンリー・ハーツ

[映画での演奏曲目]
01. 君の意志のままに
02. 屈折する星くず
03. あの男を注意しろ
04. フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年
05. すべての若き野郎ども
06. ユー・プリティ・シングス
07. 月世界の白昼夢
08. チェンジス
09. スぺイス・オディティ
10. 私の死
11. 気のふれた男優
12. 時間
13. 円軌道の幅
14. 夜をぶっとばせ
15. サフラジェット・シティ
16. ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート
17. ロックン・ロールの自殺者
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015