ニュース

ディーヴォ、15年ぶりとなる新作の制作を真剣に検討中

ディーヴォ   2005/08/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 一般発売もされたトレードマークの段々帽「エナジー・ドーム」を被りながら、ひねくれたポップ・センスで愛嬌のあるエレクトロ・ポップを披露し続けるUSニューウェイヴ・バンド、ディーヴォ。その彼らが約15年ぶり(!)となるニュー・アルバムの制作を真剣に検討しているようです。

 メンバーのJerry Casaleが米雑誌《ビルボード》に先日語ったことよれば、彼らはキラーズフランツ・フェルディナンドインターポールらの活躍により、ディーヴォのような傾いた音楽的感性が定着している今だからこそ、ディーヴォの新作を制作する時が来たと感じているとのこと。すでにプロデューサーとして、U2ナイン・インチ・ネイルズらで知られるAlan Moulderを候補に挙げるなど、その真剣度も高そうではありますが、なんでも実現には大きな障害が1点あるとのこと。バンドの中心メンバーであるMark Mothersbaughが、映画音楽などの無数にある他のプロジェクトで忙しいために、そのスケジュールを空けることが難しいそうです。もしそんな障害をすべて乗り越えて新作を発表するとなると、『ディーヴォのくいしん坊・万歳』という前代未聞の邦題が付いた1990年作『Smooth Noodle Maps』(写真)以来、約15年ぶりの作品となります。ファンが長年待ちわびた夢がホントに実現となるのか? ファンは今後の動向にもご注目ください!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015