ニュース

“スティングの右腕ギタリスト”ドミニク・ミラー、ECMより新作を発表 来日公演も開催

ドミニク・ミラー(Dominic Miller)   2017/04/21 15:49掲載
はてなブックマークに追加
 1990年からスティングのバンドに参加し、映画『レオン』でも使用された楽曲「シェイプ・オブ・マイ・ハート」をスティングと共作するなど、スティングの右腕ともいうべき活躍をしているギタリスト、ドミニク・ミラー(Dominic Miller)が、名門ジャズ・レーベル「ECM」へと移籍し、新作『サイレント・ライト』(UCCE-1168 2,500円 + 税)をリリース。同作を携えて、4月22日(土)から25日(火)までの4日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて来日公演を開催します。

 アメリカ人の父とアイルランド人の母のもと、アルゼンチンに生まれ、10歳からアメリカに移住。アメリカとイギリスでギターを学び、現在はフランスを拠点にしながら、スティングをはじめ、ポール・サイモンチーフタンズといった有名アーティストのライヴやレコーディングに参加しているミラー。音楽界でも稀有な幅広い音楽性を、スティングは“色彩感豊かな音の建築家”と称賛しています。

 ECM移籍第1弾となる新作『サイレント・ライト』は、ECMの歴史の中でも特にオリジナリティの高い2人のギタリスト、パット・メセニーエグベルト・ジスモンチへのオマージュ。“静寂の次に美しい音”をスローガンに掲げる同レーベルの美学を継承した作品に仕上がっています。ミラーが書き下ろした楽曲のほか、スティングと制作した名曲「フィールズ・オブ・ゴールド」も収録。

 来日公演には、ベーシストのニコラス・フィッツマン、アルバムでも共演しているパーカッション奏者マイルズ・ボウルドとのトリオで登場します。



■2017年4月12日(水)発売
Dominic Miller
Silent Light

UCCE-1168 2,500円 + 税

[収録曲]
01. What You Didn't Say
02. Urban Waltz
03. Water
04. Baden
05. En Passant
06. Angel
07. Chaos Theory
08. Fields of Gold
09. Tisane
10. Valium
11. Le Pont

ドミニク・ミラー・トリオ
www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/dominic-miller

2017年4月22日(土)〜25日(火)
東京 丸の内 COTTON CLUB
チャージ 7,500円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
Dominic Miller(g)
Nicolas Fiszman(b)
Miles Bould(dr)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015