ニュース

『レイジング・ファイア』ドニー・イェンが敵のアジトに乗り込む大迫力アクション本編映像公開

ドニー・イェン   2021/12/06 12:06掲載
はてなブックマークに追加
『レイジング・ファイア』ドニー・イェンが敵のアジトに乗り込む大迫力アクション本編映像公開
 『イップ・マン』シリーズで誰にも超えられない伝説を打ち立て、『ローグ・ワン : スター・ウォーズ・ストーリー』、『トリプルX:再起動』、『ムーラン』とハリウッドでも唯一無二の存在感を示し、キアヌ・リーヴスの大人気シリーズ『ジョン・ウィック』の最新作にも出演するドニー・イェンの最新主演作『レイジング・ファイア』が、12月24日(金)より東京・TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開されます。

 今や全世界のアクション俳優のメンターとなったドニー・イェンとダブル主演を果たすのは、『ジェネックス・コップ』、『インビジブル・ターゲット』などでパワーみなぎるアクションを披露し、『孫文の義士団』や『密告・者』で数々の演技賞にも輝くニコラス・ツェー。監督は、ジャッキー・チェン主演の『香港国際警察 / NEW POLICE STORY』やニコラス・ツェーも出演した『新少林寺 / SHAOLIN』など数々のアクション映画を世に出し、2020年に58歳の若さで急逝した香港アクション映画界の巨匠ベニー・チャン。遺作となる本作は、中国で公開4週連続1位、220億円突破の大ヒットを記録。今年開催された第34回東京国際映画祭“ガラ・セレクション”での日本初上映チケットは争奪戦となり、上映後には会場から大きな拍手が沸き起こりました。まさに映画ファン待望の香港警察アクションの新たなる金字塔です。

 そしてこの度、劇中のアクション・シーンより、ドニー・イェン演じるチョン警部が、同僚刑事たちが惨殺された事件捜査のために敵のアジトに乗り込み、大勢の手下に囲まれるも、たった一人で激しい銃撃戦を繰り広げる、大迫力の本編映像が公開されています。本編映像では、執念の捜査により、事件にかかわったとみられるマンクワイの存在を突き止めたチョン警部が、一人でアジトに乗り込む場面から始まります。手下がドアをあけるとそこにはチョン警部が。「誰だよ。何の用だ」という言葉には頭突き一発。素早い身のこなしで制圧し、何十人もの手下に囲まれようがお構いなしにマンクワイのもとに。「先週、チュンワンで同僚8人が死んだ」と尋問をし始めるチョン警部でしたが、マンクワイも簡単には口を割りません。そしてついには激しい銃撃戦が。ライフル銃を撃ちまくるマンクワイに、チョン警部も二丁拳銃で応戦する姿もあり、単身で敵に立ち向かうドニー・イェンのキレキレのアクション、そして大迫力の銃撃戦に思わず息を呑む、必見の本編映像となっています。

 本作でアクション監督も務めたドニー・イェンは、ベニー・チャン監督について、「ベニー(・チャン)とはTVシリーズの『クンフー・マスター 洪煕官(ハン・カーロ)』と『精武門』で初めてタッグを組んだけれど、その後は長い間、一緒に仕事をしていなかった」と振り返ります。ですが、その間も映画を作ることについてよく話し合っていたといいます。そして「『追龍』を観たベニーが、僕の演技をとても気に入ってくれて、『どうしても一緒に仕事をしたい』と言ってくれた。いよいよだなと思ったよ。本作は、ベニーと僕が長年にわたって経験したことの集大成だ」とドニー・イェンは語りました。


©Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED

『レイジング・ファイア』(英題)
2021年12月24日(金)より東京 TOHOシネマズ日比谷他 全国公開
gaga.ne.jp/ragingfire
配給: ギャガ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015