ニュース

“くまモンスクエア”リニューアル・イベント開催 くまモンの新衣装と新ダンス曲を初披露

英太郎   2018/05/02 13:48掲載
はてなブックマークに追加
“くまモンスクエア”リニューアル・イベント開催 くまモンの新衣装と新ダンス曲を初披露
 “熊本県の営業部長兼しあわせ部長”として全国に出張しているくまモンの活動拠点として2013年にオープンした“くまモンスクエア”が、2018年4月28日にリニューアル・オープン。それを記念し、テープカットのオープニングセレモニーおよび、くまモン、熊本出身のタレント、コロッケが出演するイベントが開催されました。

 くまモンスクエアは、熊本県の物産、観光等の情報を発信する交流拠点施設。“発信〜誘導〜交流〜そして未来へ”をテーマにリニューアル。オープニングセレモニーでは熊本県知事公室長の坂本 浩による主催者代表挨拶に続き、来賓のコロッケが挨拶。自らの来賓札をコロモンとし、「今日から名前をコロッケからコロモンにしました。これからも熊本のためにくまモンをみんなで後押しして、日本中、世界中の人たちにアピールしていきたいと思います」とコメント。志村けん武田鉄矢のものまねも交え、会場が和やかな雰囲気に包まれました。それからくまモンを含む来賓、主催者によるテープカットを行ない、オープニングセレモニーが終了。

 同日13:00より行なわれたオープニング記念イベントでは、くまモンスクエア内に常設されているステージにて、くまモンスクエアのシンボルマークをデザインしたくまモンの新衣装と、熊本で活動するタレントの英太郎が歌うくまモンの新曲「くまモンスクエアのテーマ」に合わせて楽曲とダンスが初披露されました。その後、コロッケがステージに登壇し、ものまねレパートリーのなかから欅坂46の「不協和音」をBGMに五木ひろしのものまねを披露。イベントの最後には、2016年4月の熊本地震復興ソングとして、くまモンもミュージック・ビデオに出演している「にじ〜熊本応援バージョン」をコロッケが歌唱し、くまモンも手話で、聴衆も口ずさみながら参加。オープニング記念イベントは大盛況で幕を閉じました。

(写真左より)カリーノグループ代表 馬場英治(ばばえいじ) / 熊本県知事公室長 坂本浩(さかもとひろし) / くまモン / コロッケ / 日本コロムビア株式会社 代表取締役 阿部三代松

くまモンスクエア
www.kumamon-sq.jp/index.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015