ニュース

FECUNDATIONとINVICTUSが日韓デスメタル・スプリットEPをリリース

FECUNDATION(Death Metal / KOR)(FECUNDATION)   2016/12/16 17:09掲載
はてなブックマークに追加
 韓国・ソウルを拠点に活動するギター・ヴォーカル + ドラムのブルータル・デスメタル・デュオ“FECUNDATION”と、信州・長野から現れた新鋭デスメタル・トリオ“INVICTUS”が、スプリットEP(ORCD-113 1,200円 + 税)を東京・浅草の名門「Obliteration Records」よりリリース。12月23日(金)の発売が決定しています。

 オールドスクール / ニュースクール双方の要素を併せ持ったブルータル・デスメタルを聴かせるFECUNDATIONは、ベースレスとは思えない重量級のブレイクダウンを含む目まぐるしい曲展開を、下水道ヴォーカルと圧倒的なテクニックでプレイする2曲を投下。対するINVICTUSは、硬質なスラッシュ由来リフやオールドスクールなソロワークを交え、緩急付けたハイセンスな楽曲を2015年結成とは思えぬ技巧で2曲披露。両者近似する部分も多く見受けられる、好相性のスプリット作となっています。

 なお、FECUNDATIONは12月17日(土)の大阪・西心斎橋 HOKAGE公演を皮切りにジャパン・ツアーをスタート。23日(金・祝)の長野・INDIA Live the SKY公演よりINVICTUSが合流し、24日(土)東京・浅草 KURAWOOD、25日(日)神奈川・西横浜 El Puenteの全3公演を共に行います。

■2016年12月23日(金)発売
FECUNDATION / INVICTUS
『split』

ORCD-113 1,200円 + 税

[収録曲]
FECUNDATION
01. Intestinal Diverticulum
02. Vomit Stench Around Her Lips

INVICTUS
03. Devouring Room
04. Spawn Cycle of Rotting


FECUNDATION + INVICTUS
Japan Tour 2016


12月17日(土)
“音塊-ON-KAI Vol.12-”

大阪 西心斎橋 HOKAGE
出演: INFERNAL REVULSION / PALM / FECUNDATION / Mirrors / BLIND HATE / GALMET / DEADLYSINS
※INVICTUSは出演しません。

開場 16:30 / 開演 17:00
前売 2,000円 / 当日 2,000円(税込)

12月23日(金・祝)
“NAGANO EXTREME 1”

長野 INDIA Live the SKY
出演: FECUNDATION / INVICTUS / MILITIA / 注射針混入豚 / Slut Needs A Kongamato / YxAxD / UMBER MIST
開演 17:00
前売 2,500円 / 当日 3,000円(税込)

12月24日(土)
“ASAKUSA EXTREME 38”

東京 浅草 KURAWOOD
出演: FECUNDATION / INVICTUS / Hostile Eyes / ものすごい光
開演 17:30
前売 2,500円 / 当日 3,000円(税込)

12月25日(日)
“YOKOHAMA EXTREME 4”

神奈川 西横浜 El Puente
出演: FECUNDATION / INVICTUS / SELF DECONSTRUCTION / DESICATE / OxGxDx
開場 16:00
当日 2,000円(税込)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015