ニュース

フィオナ・アップルのお蔵入り新作がついに陽の目をみることに

フィオナ・アップル(Fiona Apple)   2005/08/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 聴く者に耳を傾ける以外のあらゆる行為を停止させる説得力を持つ、NY出身の女性シンガー・ソングライター、フィオナ・アップル。その彼女の“商業的魅力がない”とレーベル側に判断されてお蔵入りになったとされていた、3rdアルバム『extraordinary machine』が、ついに発売されることになりました!

 昨年末にお伝えしたように、本作は所属先のEpic Recordsが“商業的魅力がない”との理由から販売を見送っていたとされ、それに抗議するサイト“freefiona.com”も立ち上がっていました。その真意については、レーベル側もフィオナ・アップ側も正式なコメントを発表しなかったため、さまざまな憶測が流れてしまい、ファンを心配させていましたが、そんな騒ぎのなか、彼女自身は今年になってレコーディングを再開。すでに完成していた新作収録曲がネットに漏れてしまったため、そのほとんどをマイク・エリゾンド(Mike Elizondo)をプロデューサーに起用して再録しなおし、さらに新曲「Parting Gift」「O' Sailor」もレコーディング。発売はEpic Recordsより10月4日(US)に予定されています。なおレーベル側は、お蔵入りの件に関して“それは誤りだ。誰かが間違えた情報をファンに伝えた”と反論するコメントを海外メディアにて先日発表しています。
続報
フィオナ・アップルのお蔵入り新作、DualDiscも
US盤は通常盤に加え、DualDisc盤も発売される予定。発売はともに10月4日の予定です。
[ 2005/08/30掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015