ニュース

ニッポン放送『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』に内田有紀の出演決定

藤ヶ谷太輔   2021/06/10 13:09掲載
はてなブックマークに追加
ニッポン放送『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』に内田有紀の出演決定
 人気グループ・Kis-My-Ft2のメンバー藤ヶ谷太輔がパーソナリティを務めるラジオ番組『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』に、女優・内田有紀がスペシャルゲストとして出演することが決定。

 内田有紀のニッポン放送出演は、自身がパーソナリティを務めていた『内田有紀 夜空にYOU KISS!』(1994年4月〜2001年3月)以来、約20年ぶりとなります。

 『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』特別企画「華麗なる一族共演記念!華麗なる内田有紀さんがやってきたスペシャル」は、6月19日(土)と6月26日(土)の2週にわたり、ニッポン放送でオンエアされます。

 政財界をまたぎ、富と権力をめぐる人間の野望と愛憎を描いた山崎豊子の傑作小説『華麗なる一族』を、中井貴一主演でドラマ化したWOWOW開局30周年記念ドラマで共演中の2人。コロナ禍での撮影ということもあり、あまり交流することができなかったことから、藤ヶ谷太輔が自身のラジオ番組での共演を熱烈オファーし、今回の特別企画が実現に至りました。

 番組の中では、共演中のドラマにまつわるエピソードはもちろんのこと、「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」など共に経験した「ラジオ」の魅力についてや、それぞれの人生観まで、アツい対談を繰り広げます。

 また、番組の人気レギュラーコーナー「あなたに代わってありがとう」も特別ヴァージョンでお届け。先日行なわれた番組収録には、ドラマ『華麗なる一族』にも出演するKis-My-Ft2の宮田俊哉もスタジオに駆け付け、後編(6月26日放送分)にゲスト出演。前編とはまた違った雰囲気で、3人でのトークに花を咲かせました。

[コメント]
ラジオに呼んで頂いてすごく光栄でした。ドラマの撮影現場で藤ヶ谷さん・宮田さんとお話したかったのですが、役柄的に距離をとらなければいけない場面が多く話す機会も少なかったので、今回の出演が実現できて大変嬉しかったです。お2人の空気感や絆の深さも感じられ、その空気をスタジオで私も味わう事が出来て幸せでした。また、約20年ぶりにニッポン放送のスタジオに足を踏み入れた際には、10代の頃の記憶も蘇り懐かしさも感じさせていただきました。
――内田有紀

内田有紀さんに聞きたいことをお聞きして、とても楽しい時間でした。ドラマの現場でお話することができなかったので、嬉しいです。そして、Kis-My-Ft2メンバーのソロラジオにお邪魔するのも初めてのことで、すごく楽しかったです。グループでのラジオとはまた違ったワクワクがありました。この番組にずっと出演したがっていたKis-My-Ft2横尾渉が焼きもちを焼かないかだけ心配です(笑)
――宮田俊哉

今回実現したことが素直に嬉しいです。僕や宮田の想いだけでなく、番組スタッフ全員の情熱が形になりました。僕自身大切にしている“ラジオ”の話も出来ましたし、ドラマでの役を離れて対談して、内田有紀さんの“優しさ、カッコ良さ、美しさ、チャーミングさ”を感じました。この場でしかうまれない対談となりましたので、是非、たくさんの方にお聴き頂きたいです。
――藤ヶ谷太輔

『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』
ニッポン放送 毎週土曜日 22時30分〜23時00分
www.1242.com/gaya
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015