ニュース

GACKTが本気で遊びの楽園祭(学園祭)を開催!

GACKT   2010/11/16掲載(Last Update:10/11/17 09:54)
はてなブックマークに追加
GACKTが本気で遊びの楽園祭(学園祭)を開催!
 昨年の<神威♂楽園 de イキナ祭>に引き続き、2回目となる今回のイベント・ツアー。GACKTが生徒会長ならぬ“性”徒会長を務める学校「神威♂楽園」の学園祭というテーマのイベントということで、会場はまさに学園祭仕様! グッズ売り場は「購買部」、飲食ブースは「楽性ショック堂」(学生食堂)と名づけられ、極めつきはなんといっても「来場者は全員学生服着用のこと!」という校則! そんな校則をしっかりと守った約5,000人 のDEARSたちが晴れてこの日「神威♂楽園」に入楽(入学)となりました。

 もちろんイベントの内容も「学園祭」。オープニングSEではなくチャイムの音でイベントはスタート。まずは「神威♂楽園」の入学式。校歌斉唱の後、教頭・校長先生の挨拶と続き、ついに性徒会長GACKTが客席後方より颯爽と登場し、集まった性徒たちへ挨拶。

 その後、式は今年の入楽生(来場者)の中からミス・ミスター神威♂楽園、風紀イィ〜ん長・副イィ〜ん長の選抜・表彰式と進行し、第2部として楽園の「F9」メンバー(バンドメンバーやダンサー)による芝居やダンスなどが披露。休憩を挟み、いよいよ今回のメイン・イベントである性徒会長と先輩たちによるコピー・バンドのライヴがスタート!

 今回のライヴは、性徒会長自ら「完コピです」と宣言したカヴァー曲がメイン。大物ビジュアル系バンドから某女性アーティストなど幅広い選曲でアンコール含め全14曲を熱唱。「よろし〜か!」&「かしこまり〜!」という「神威♂楽園」流コール&レスポンスや、後半ではなんとドラムを披露するなど、普段は観ることのできないGACKTに、集まったDEARSは熱狂!

 なおGACKTは、今年8月にZEPP TOKYOで行ったライヴ<煌☆雄兎狐塾〜男女混欲美濡戯祭〜>の模様を収めたDVDを来年2月2日にリリースすることが決定。初回限定盤通常盤のほかに、mu-moショップ限定盤の全3形態で発売され、初回限定盤とmu-mo限定盤にはDVDだけでなく、携帯で見れるmicroSDも同梱されます。こちらも要チェック!


GACKT

GACKT

GACKT
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015