ニュース

GENERATIONS、アジア最大級の映画祭ナビゲーター就任&「You & I」公式テーマソングに決定

GENERATIONS from EXILE TRIBE   2020/08/18 13:30掲載
はてなブックマークに追加
GENERATIONS、アジア最大級の映画祭ナビゲーター就任&「You & I」公式テーマソングに決定
 9月16日(水)から27日(日)まで開催される米国〈アカデミー賞〉公認のアジア最大級の国際短編映画祭〈ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020〉(略称:SSFF & ASIA)の2020年のフェスティバルナビゲーターにGENERATIONS from EXILE TRIBEが就任し、楽曲「You & I」が映画祭のオフィシャル・テーマ・ソングに決定しています。

 SSFF & ASIAとEXILE TRIBEが所属するLDHは、2017年より「CINEMA FIGHTERS project」なるプロジェクトを開始。作詞家の小竹正人の詩の世界観を、著名監督や新進気鋭の監督が参加して映像・オリジナル脚本化し、LDHメンバーが主演キャストとして参加するショートフィルムを製作。2019年の映画祭ではプロジェクト第3弾を発表し、“ショートフィルム”に対する興味や関心を映画ファン層を超えて広げながら、LDHメンバーもショートフィルムへの造詣を年々深めています。

 2020年の映画祭では、LDHメンバーの中でも若手ながら“Jr. EXILE世代”を牽引し、パワフルさを兼ね備えるGENERATIONSが、世界112の国と地域から集まった数々のショートフィルムの魅力を紹介する映画祭ナビゲーターに就任。メンバーがおすすめプログラムを毎週紹介していくナビゲーターの第1弾は、『GTO』(2014年版)や『虹色デイズ』、『PRINCE OF LEGEND』といったドラマや映画などで存在感を発揮している佐野玲於が務め、映画祭の中でも将来有望な映像作家の国内外での活躍を応援すべく、国内の25歳までの監督が制作した5分以下のショートフィルムを特集する「U-25プロジェクト」を紹介。8月18日(火)より映画祭オンライン会場で配信開始となる作品の見どころを、映画祭SNSおよびウェブサイトで発信していきます。以下、8月21日(金)からは小森 隼、27日(木)からは数原龍友、28日(金)からは関口メンディー、9月3日(木)からは中務裕太、9日(水)からは片寄涼太、16日(水)からは白隶〕が、順次ナビゲーターとして登場します。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、海外からのフィルムメイカーたちの来日や大人数での映画祭鑑賞が困難となっている2020年の映画祭ですが、オンラインによる監督との質疑応答の実現やオンライン会場でのショートフィルム配信など映画祭の新しいカタチを模索しながら、“ショートフィルムでひとつになろう”というメッセージも発信。2020年の映画オフィシャルソングとなった“大切な人を想うから。離れていても、心はひとつ。”という思いを込めて制作したGENERATIONSの楽曲「You & I」は、そんなメッセージにふさわしい一曲となっています。

 GENERATIONSのメンバーたちは「今年の〈SSFF & ASIA〉のテーマ“(ニュー)ボーダレス”からも感じられるように、色々な価値観や視点、メッセージが一つ一つの作品から溢れ出し、それはショートフィルムを通じて僕たちに改めて何か大切なことを気づかせてくれたり、これまで考えたことのなかったような新しい発見の機会を与えてくれたように思います。そんな作品の数々に出会える映画祭を、そしてショートフィルムの魅力を、ナビゲーター(案内人)としてより多くの方々に紹介していきたいと思います!」「新型コロナウィルスの感染拡大という未曾有の出来事に直面している世界ですが、オンライン展開する映画祭を通じて、世界各国のショートフィルムを日本全国の皆さんに届けることができ、ひとつになれたら、そして、世界各国の監督たちがオンライン上で集まり、繋がることができたら、僕たちも嬉しいです。新しいカタチの映画祭を応援するテーマソングとして〈You & I〉もぜひ聴いてください」とコメントしています。

拡大表示
拡大表示




ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020
www.shortshorts.org/2020/ja/navigator

[オススメプログラム紹介]
8月18日(火):佐野玲於
将来有望な映像作家の国内外での活躍を応援すべく、国内の25歳までの監督が制作した5分以下のショートフィルムを特集する「U-25プロジェクト」を紹介
8月21日(金):小森 隼
ジャパンプログラム作品の中でも、オリジナル性、将来性が最も感じられる監督へ贈られる「ひかりTVアワード」受賞作品の魅力を紹介
8月27日(木):数原龍友
アカデミー賞ノミネート作品含むCGアニメーションプログラム特別上映作品を紹介
8月28日(金):関口メンディー
様々な東京の魅力を発信するCinematic Tokyoプログラムのみどころを紹介
9月 3日(木):中務裕太
渋谷区の基本構想でもある、ダイバーシティとインクルージョンのメッセージを届けるSHIBUYA DIVERSITY プログラムの魅力を紹介
9月 9日(水):片寄涼太
映画祭開始1週間前。世界各国の作品を多様な切り口で楽しんでいただくオンラインセレクションのみどころを紹介
9月16日(水):白隶〕
映画祭オープニング。いよいよスタートする映画祭の特別上映作品である、ジョニー・デップ出演作品やポン・ジュノ監督作品などを紹介。

※各日12:00(正午) / 公式ウェブサイトとSNSで掲載予定
www.shortshorts.org/2020
twitter.com/s_s_f_f
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015