ニュース

ジェントル・ジャイアントの音を生で聴ける!スリー・フレンズが9月に来日!GG作品のSHM-CD+紙ジャケ再発も決定

ジェントル・ジャイアント(GENTLE GIANT)   2009/07/29 14:36掲載
はてなブックマークに追加
 ケリー・ミネアやゲイリー・グリーンといったジェントル・ジャイアント(Gentle Giant/以下、GG)を支えた2人も参加する7名編成のバンド、スリー・フレンズ(Three Friends)が、9月に来日公演を行ないます。

 スリー・フレンズは、変拍子多用の技巧派プログレッシヴ・ロック・バンドとして1970年代に高い人気を誇ったGGの音楽を“スリー・フレンズ”(GGの3rdアルバム名)というバンド名にて忠実に演奏するとともに、21世紀の真の進歩的音楽を目指して、新曲作りに取り組んでいます。GGの正真正銘の継承者とも言えるバンドなだけに、今回の来日はGGの音を生で聴ける千載一遇のチャンスと言えます。

 来日公演は9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)の3日間、東京・青山の「月見ル君想フ」にて行なわれます。当日は専属PAエンジニアも来日し、また公演ごとに異なるセットリストとなるようで、忠実な演奏を試みるGG楽曲や多様なインプロヴィゼーションなどが披露される予定。また20日には公演終了後にファン・イベントも開催される予定で、サイン会、CD販売、Q&Aセッションなどが行なわれる模様です。公演についての詳細はOffice Ohsawa(http://www.bigstream.co.jp)まで。

 また今回の来日を記念し、GGがヴァーティゴ・レーベルに残した名作4タイトルの再発も決定。話題の高音質「SHM-CD」を採用した紙ジャケット仕様でのリイシューで、対象となるのは『ジェントル・ジャイアント』(UICY-94270)、『アクワイアリング・ザ・テイスト』(UICY-94271)、『スリー・フレンズ』(UICY-94272/写真)、『オクトパス』(UICY-94273)。価格は税込2,800円。英初回盤LPを再現した紙ジャケ化で、英初回盤LPを再現したシリアル・ナンバー入りレーベルカードも封入。また日本オリジナル・アナログ・マスターを基にした2009年最新DSDリマスター音源の採用(予定)も話題です! 発売は4タイトルとも9月16日。初回生産限定でのリリースとなりますので、お買い求めはお早めに!


≪Three Friends (スリー・フレンズ) 公演≫
■公演場所:東京 青山 月見ル君思フ
■日時
・2009年9月19日(土) 開場 12:30 開演 13:00
・2009年9月20日(日) 開場 12:30 開演 13:00
・2009年9月21日(月・祝) 開場 12:30 開演 13:00

■チケット料金
前売:自由席 14,000円、立見 9,000 円(ドリンク別)

*来日メンバー
・ゲイリー・グリーン    Gary Green (guitar, vocals)
・マルコム・モルティモア Malcolm Mortimore (drums)
・ケリー・ミネア      Kerry Minnear (keyboards, vocals)
・ロジャー・ケアリー   Roger Carey (bass, vocals)
・ジョン・ドナルドソン  John Donaldson (keyboards)
・アンディー・ウイリアムス  Andy Williams (guitar)
・ミック・ウイルソン   Mick Wilson (vocals)
・ジェームス・モルティモア  James Mortimore (PAエンジニア)

≪Three Friends (スリー・フレンズ) 追加公演とファン・イヴェント≫
■公演場所:東京 青山 月見ル君思フ
■日時
・2009年9月20日(日) 開場 18:30 開演 19:00
・ファンイヴェント:9/20公演終了後開始 参加費 2000円(軽食付)
*公演終了後、若干の休憩をはさんで開始いたします。

■チケット料金
前売:自由席 14,000 円、立見 9,000 円(ドリンク別)

公演内容のお問い合わせは
Office Ohsawa(http://www.bigstream.co.jp)まで。


≪ジェントル・ジャイアント SHM-CD+紙ジャケ≫
*9月16日発売予定。初回生産限定盤。
*価格は税込2,800円。
*高音質「SHM-CD」を採用。
*日本オリジナル・アナログ・マスターを基にした2009年最新DSDリマスター音源を採用(予定)
*英初回盤LPを再現した紙ジャケット仕様
*英初回盤LPを再現したシリアル・ナンバー入りレーベルカード封入


『ジェントル・ジャイアント』(UICY-94270)
『アクワイアリング・ザ・テイスト』(UICY-94271)
『スリー・フレンズ』(UICY-94272)
『オクトパス』(UICY-94273)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015