ニュース

グレン・グールドのボックス・セット『バッハ全集』がSACDハイブリッドに

グレン・グールド   2022/10/03 12:49掲載
はてなブックマークに追加
グレン・グールドのボックス・セット『バッハ全集』がSACDハイブリッドに
 グレン・グールド(Glenn Gould)の生誕90周年 / 没後40年を記念して、さまざまなリリースが続くなか、グールドの録音活動の中心に置かれていたバッハ作品を集大成したボックス『バッハ全集』が12月21日(水)にSACDハイブリッドで発売されます。

 また、12月21日(水)から2023年2月22日(水)にかけて、グールドのアルバム全60タイトルを2015年のリマスター盤BSCD2音匠盤でリリースする「グレン・グールドの芸術」の後半30タイトルが、さらに「ゴールドベルク変奏曲アナログ・コレクション」の後半3タイトルにあたる『バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)』が12月21日(水)、『バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年録音 / 疑似ステレオ盤)』が2023年1月25日(水)、世界初LP化の『バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年録音の再創造 / ZENPH RE-PERFORMANCE)』が2023年2月21日(火)にそれぞれ発売されます。

 完全生産限定盤として発売される『バッハ全集(ハイブリッド・エディション)』は、1955年のコロンビアからのデビュー盤「ゴールドベルク変奏曲」から、1981年の同じ「ゴールドベルク変奏曲」の再録音まで、グールドの録音活動の中心に置かれていたバッハ作品を集大成したボックスで、1974年に初めて日本で『グレン・グールド / バッハの世界』としてLP13枚組で発売されて以来定番となった『バッハ全集』の最新版。グールドのバッハ録音をSACDハイブリッド盤で収録し、ボーナス・ディスクとして、CD2枚分のグールドへのインタビュー2編とドイツ語によるバッハについての語りも加えています。

Photo by Fred Plaut (c) Sony Music Entertainment

ソニーミュージック
sonymusic.co.jp/artist/GlennGould/page/9040
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015