ニュース

カラヤン&ベルリン・フィルによる3作が初のSACD化 2024年制作のDSDマスターを使用

ヘルベルト・フォン・カラヤン   2023/12/08 12:51掲載
はてなブックマークに追加
カラヤン&ベルリン・フィルによる3作が初のSACD化 2024年制作のDSDマスターを使用
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が60年代終わりから70年代半ばまでに録音した3タイトルが、はじめてシングルレイヤーのSACDに。2024年2月21日(水)に発売されます。いずれのタイトルもドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログ・マスターを使用し、独Emil Berliner Studiosにて2024年に制作されるDSDマスターを使用します。

 今回発売されるのは、1969年録音の『オネゲル:交響曲第2番・第3番《典礼風》』、1974、1975年録音の『ベルリオーズ:幻想交響曲』、1971年録音の『オッフェンバック:バレエ《パリの喜び》(抜粋)/グノー:《ファウスト》からバレエ音楽とワルツ』の3タイトル。

 『オネゲル:交響曲第2番・第3番《典礼風》』は、両作品ともに高い集中力と緊張感で表現され、屈指の録音として永く親しまれており、交響曲第2番の第3楽章の任意パートであるトランペットのパートは、録音当時のベルリン・フィルのトランペット奏者フリッツ・ヴェゼニックによって演奏されています。

 『ベルリオーズ:幻想交響曲』は、カラヤンが3度録音した幻想交響曲の最後の収録にあたるもので、カラヤンは手兵のオーケストラを華麗にドライブして緻密かつダイナミックな演奏を繰り広げています。

 『オッフェンバック:バレエ《パリの喜び》(抜粋)/グノー:《ファウスト》からバレエ音楽とワルツ』は、カラヤンとベルリン・フィルによるエスプリあふれる豪奢な演奏が満喫できる一枚で、今回のSACDには、LP初出時には含まれていなかった『オッフェンバック:喜歌劇《天国と地獄》』より「カンカン」も収録されます。

拡大表示


拡大表示


ユニバーサル ミュージック
universal-music.co.jp/herbert-von-karajan
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015