ニュース

“hideって誰?” hide The 23rd Memorial特別企画展の名古屋開催が決定

hide(X JAPAN)   2022/03/15 12:21掲載
はてなブックマークに追加
“hideって誰?” hide The 23rd Memorial特別企画展の名古屋開催が決定
 hide The 23rd Memorial 特別企画展「PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000」が、4月22日(金)より愛知・金山南ビル(旧名古屋ボストン美術館)で開催されます。

 X JAPANのギタリスト“HIDE”として、そしてソロ・アーティスト“hide with Spread Beaver/zilch”として、日本の音楽シーンに多大な影響を与え続けるhide(ヒデ)。1998年5月2日急逝後、2000年7月20日にhideの生まれ育った神奈川・横須賀市に誕生したhideの全てに会える場所hide MUSEUMは2005年に惜しまれつつ閉館するまでに延べ50万人に及ぶファンが来館。また、hideが永眠してから22年目、23回忌を迎えた2020年には、様々なメモリアル・プロジェクトが展開され、その一環として新たなる視点で構成された企画展「PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000(サイコビジョン ヒデ ミュージアム シンス 2000)」が東京・西武池袋本店にて開催され、コロナ禍を踏まえ入場規制もあった中、全国から約1万人が来場し賑わいを見せました。

 企画展では、hideが“人間の精神性(アナログ)と科学技術(デジタル)の融合”を意味する言葉として、自身の世界観の言語化=造語に使用した“PSY(+単語)”の表現にこだわり、場内は時系列に沿った形ではなく、“hideの多面にわたる魅力の醍醐味”をカテゴリごとに体感できる5つのゾーンで構成され、幼少期からロックへの目覚め、初めて結成したバンド横須賀サーベルタイガー・X JAPAN・ソロ活動と、アーティストhideが誕生し、世界を魅了するまでのゆかりある品々を紹介。“hideが見据えた未来”をテーマに展開されています。hideオフィシャルマネジメント事務所・HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.が保管・管理してきた貴重な資料の中から、hideが実際に着用した衣装や愛用ギターを初め、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう名曲の直筆歌詞など、hideの体温と、唯一無二の世界観を感じる貴重な“実物”だけを展示しています。

 メイン・ヴィジュアルは、hideの名曲「ピンクスパイダー」からインスパイアされて特別に描き起こされたアートで、世界的に活躍するフォトグラファー・管野秀夫の写真をもとに、国内外ジャンルを問わず多岐に渡り活躍しているアーティストの澁谷忠臣による作品。ヴィジュアルに徹底的にこだわったhideを撮り続けた管野の全面協力による、圧倒的な作品たちの展示と共にhideとの撮影エピソードが語られています。かつてhideのアート・グラフィックや作品タイトルにも使われた、hideらしい皮肉とユーモアを込めたキャッチ・コピー“Who's this ugly pink machine?”(このピンクの異端児は誰?)。東京オリンピックの開催された1964年生まれのhide、そして再び2021年に東京オリンピックが開催されたタイミングに、改めてアーティストhideの魅力に触れてもらいたい、その願いをこめ遊び心あるキャッチ・コピー“hideって誰?”が本企画展で採用されています。

 会場では、令和版hide MUSEUMの新たな試みとして、ARアプリを使用したフォト・スポットが設けられるなど“現在進行形のhide”が体感でき、澁谷アート他、hideの遊び心が満載に感じられる展覧会オリジナル・グッズも販売予定。通常の展覧会で行われる“キャプションを多用した展示”での密状態を緩和するため、あえて文字での表現は削減し、“hideの軌跡と体温”が肌で感じられるレプリカではない“本物”の展示にこだわり、hideとのひとときを安心して過ごせるよう配慮されています。

拡大表示


PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000 公式サイト
www.psychovision.online
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015