ニュース

『タイタニック』の作曲家ジェームズ・ホーナーの遺作『マグニフィセント・セブン』、日本先行で発売に

ジェームズ・ホーナー   2016/09/15掲載(Last Update:18/02/23 13:09)
はてなブックマークに追加
 映画『タイタニック』『アバター』など、世界的ヒット作で知られるアメリカを代表するフィルム・コンポーザー、ジェームズ・ホーナー(James Horner)が飛行機事故により2015年6月22日に急逝。誰もが衝撃を受けた突然の訃報から1年余、ホーナーの遺作となった『〈マグニフィセント・セブン〉オリジナル・サウンドトラック』(SICP-4949 2,400円 + 税)が9月14日(水)に世界に先駆け日本先行でリリースとなりました。

 『マグニフィセント・セブン』は、黒澤 明監督の『七人の侍』(1954年)と西部劇の傑作『荒野の七人』(1970年)の2作を原案にリメイクしたアントワーン・フークワ監督作品。デンゼル・ワシントンクリス・プラットイーサン・ホークイ・ビョンホンら豪華キャストによる男たちの熱きドラマを彩るスコアを完成させることなく自身が操縦する小型飛行機の墜落事故で命を落としてしまったホーナー。突然の事故死後、実際に撮影された映像を観る前からテーマ曲作曲に取りかかっていた事実が映画製作関係者に明らかにされ、残された“遺産”はホーナーの意志を継ぐ仲間たちによってこのサウンドトラックとして完成されました。

 その作業の中心となったのが、長年ホーナーの右腕として音楽作りを支えたサイモン・グラングレン。これまで『タイタニック』や『アバター』など、ホーナー作品にアレンジャーやプログラミングで参加してきた作曲家 / 音楽プロデューサーであり、90年代からマイケル・ジャクソンデヴィッド・フォスターらのアルバムにクレジットされてきている実力派です。そんな彼が本格的に長編映画を手がけたのはこれが初めて。ホーナーからの絶対的な信頼を得ていたフラングレンは、今回『マグニフィセント・セブン』オリジナル・サウンドトラックのコンポーザーとして亡き師ジェームズ・ホーナーと並列で名前が記されています。

 日本盤ボーナス・トラックにはエルマー・バーンスティン作曲『荒野の七人』(1960)のテーマを収録。ハリウッド黄金期を支えた巨匠は、まだ駆け出しだった若き日のホーナーのことを「最も才能ある作曲家の一人」として高く評価していたといいます。これまでも美しく抒情的なスコアで数多くのドラマを彩ってきたホーナー。その人生最後に書かれた作品はスピリットを受け継ぐ仲間によって、永遠に記憶に刻まれるスコアとなって届けられました。映画『マグニフィセント・セブン』は全米で9月23日(金)から公開され、日本公開は2017年1月27日(金)。



■2016年9月14日(水)発売
ジェームズ・ホーナー
『「マグニフィセント・セブン」オリジナル・サウンドトラック』

SICP-4949 2,400 円 + 税

[収録曲]
01. ローズ・クリークの苦難
02. 復讐のセブン・エンジェルズ
03. 導火線点火
04. 温泉
05. 虐殺
06. 教会の悪魔
07. 名乗りを上げた男、サム
08. マジック・トリック
09. ロビショーとの再会
10. 乱暴者
11. レッド・ハーヴェスト
12. テイクダウン
13. 住民脱出/ナイフの特訓
14. 7日の期限
15. 上々の調子
16. 保安官降格
17. ペーシング・ザ・タウン
18. 脱走者
19. ベル・ハンガーズ
20. 軍隊の侵攻
21. ジョッシュ・ファラデイ
22. ホーンの犠牲
23. 暗黒の時間
24. 審判の家
25. セブン・ライダーズ
26. 「荒野の七人」テーマ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015