ニュース

ジャネット・ジャクソン、新作です。

ジャネット・ジャクソン   2004/02/04掲載(Last Update:10/11/30 14:29)
はてなブックマークに追加
 先日USにて行なわれた、スーパーボウルのハーフタイム・ショウでのハプニングが話題を集めているジャネット・ジャクソン。ついに、世界が待ちに待っていたニュー・アルバムがリリースされます。

 自身の本名からとった『Damita Jo』という名の今作は、ダラス・オースティン、ミッシー・エリオット、リッチ・ハリソンらがプロデューサーとして起用されており、また、毎度お馴染みのジミー・ジャムとテリー・ルイスは、エグゼクティヴ・プロデューサーとして参加しているとのこと。現在までのところ、USでの3月30日に比べ、約1週間早い3月22日にリリースが予定されている日本盤(VJCP-68630\\2,548(税込))にはボーナス・トラック追加という特典がある模様。かねてから“ヒット確実なシングルが完成するまで新譜はリリースしない”と豪語していた彼女だけに、またしても世界中で彼女の曲が街中で流れる日々が続くのは間違いないといえる今作。是非とも注目を!

 ちなみに、3月31日には、ヴァージン移籍後のオリジナル・アルバム3枚(『オール・フォー・ユー』(VJCP-17550)、『ザ・ヴェルヴェット・ロープ』(VJCP-17549・写真)、『ジャネット』(VJCP-17547)と、リミックス盤『ジャネット・リミックスド』(VJCP-17548)が、\\1,980(税込)と多少お安くなって再発される予定ですので、未購入の方はこれを機にどうぞ! なお『オール・フォー・ユー』に関しては、ヴァージン移籍後のプロモーション・ビデオが全て収録されたDVD付属の特別盤『オール・フォー・ユー・アンド・DVD・グレイテスト・ヒッツ』(VJCP-17551\\2,980(税込))も同日に再発される予定です。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015