ニュース

ジョン・レノン&オノ・ヨーコの大規模な展覧会〈ダブル・ファンタジー展〉、貴重な展示物満載の場内写真を公開

ジョン・レノン   2020/10/21 14:27掲載
はてなブックマークに追加
ジョン・レノン&オノ・ヨーコの大規模な展覧会〈ダブル・ファンタジー展〉、貴重な展示物満載の場内写真を公開
 ジョン・レノンオノ・ヨーコの大規模な展覧会〈DOUBLE FANTASY - John & Yoko〉の東京展が2021年1月11日(月)まで、東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムで開催中です。この会場内の写真が公開されました。

 展覧会は、ジョンとヨーコそれぞれの生まれから出会いまでをイントロに、ミュージシャン・アーティスト / 活動家 / 恋人・夫婦としての2人の足取りを、展示物と発言 / 解説で時系列に追っていくもの。直筆の歌詞 / イラスト、手紙、洋服、楽器、美術作品、初版本など、貴重な展示物がめじろ押しです。


拡大表示


 ソングライターとしてのターニングポイントだったとジョンがみずから語る、ビートルズ時代の「イン・マイ・ライフ」の歌詞は、箱(?)かなにかの一部だったと思しきボール紙に勢いのある筆致で書かれている。1番の歌詞は青のインクのペンで、2番の歌詞は黒のインクのペンで。言葉を変えたところがあり、ダイヤ型の落書きや歌詞とは上下逆のメモも残されている。レコーディングのとき、ジョンはこのボール紙を見ながら歌ったのだろうか。いくつも展示されている直筆の歌詞のなかでも、とくに驚いたのは「ウーマン」。歌詞が書かれた紙の上部、通常は曲名があるところには「Wo/man」とある。なんだ?この“/”。さんざん聴いて体に染みついている曲が、突然新たな顔を見せる。


拡大表示


 おなじみの写真で腕を組んだジョンが着ている「NEW YORK CITY」のシャツは、もともとTシャツだったものの袖を切ったのか、最初からノースリーブだったのか、これまで写真を見るたびに気になっていたが、そんな積年の疑問がようやく解けた。それにしても、ジョンってこんなに肩幅がせまかったのか。また、会場の解説には書いていないもののいくつか並んでいる手紙のなかにフィル・スペクターからのものがあったり、ベッド・インで弾いたギターに描かれたイラストやホール周辺の傷にジョンの手の動きを感じたり、見どころはつきない。ふだん音楽を通して接し、神格化されたジョンの人としての存在をなまなましく身近に感じることができた。


拡大表示


 昨年のリヴァプール展では展示されず、今回の東京展で初公開となった日本語練習スケッチブックは、このまま本にしてほしいと思うほど興味深く、ジョンがイラストとローマ字で日本語を勉強した跡を見ることができる。そのなかの一枚、曜日を書いた紙には、ローマ字、漢字と、その漢字の元となったイメージ(「火」なら焚火のイラスト)が描かれていた。端正な筆致にジョンの柔らかな繊細さがうかがえる。今年生誕80年を迎えたジョン・レノン。生きていたら、日本語でどんな歌を歌ったんだろうと思わずにはいられなかった。


拡大表示
ジョンとヨーコが出会ったギャラリーの再現、天井を虫眼鏡で見ると「YES」の文字が

拡大表示
見つめあうジョンの眼鏡とヨーコのサングラス

拡大表示
1969年、結婚のために赴いたジブラルタルで着た服

拡大表示
苦労の末、1976年に獲得したグリーンカード

Photo by Shintaro Yamanaka(Qsyum!)

「DOUBLE FANTASY - John & Yoko」official site
doublefantasy.co.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト
[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015