ニュース

デビュー30周年のジャーニー、新作発表!

ジャーニー   2005/06/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
デビュー30周年のジャーニー、新作発表!
 今年でデビュー30周年を迎えるジャーニーが、スティーヴ・オウジェリィ(vo)加入後、2枚目のフル・アルバムを発表します。タイトルは『Generations』(写真)。

 アメリカではジャーニー=スティーヴ・ペリーというイメージが強いらしく、彼の脱退後は1作のみでColumbiaとの契約も切られてしまい、インディーズでの活動を余儀なくされました。EP『レッド13』(2002年)に続く新作は、イタリアのメロディアス・ロック名門レーベルFrontiers Recordsからのリリースとなります。

 ペリー脱退後の『アライヴァル』(2000年)も『レッド13』も、ジャーニーの名に相応しい作風でした。新作でも自らの持ち味を活かした、高品質の“産業ロック”を聴かせてくれることでしょう。発売は欧州で8月29日を予定。日本盤の発売も決定している模様ですので、情報が入り次第お伝え致します。

 なお、バンドは30周年を記念するUSツアーを、6月26日、カリフォルニアからスタートさせます。

●『Generations』収録曲
01. Faith In The Heartland
02. The Place In Your Heart
03. A Better Life (lead vocals Deen Castronovo)
04. Every Generation (lead vocals Jonathan Cain)
05. Butterfly (She Flies Alone)
06. Believe
07. Knowing That You Love Me
08. Out Of Harms Way
09. Self-Defense (lead vocals Neal Schon)
10. Better Together
11. Gone Crazy (lead vocals Ross Valory)
12. Beyond the Clouds
13. It's Never Too Late (lead vocals Deen Castronovo) ※bonus track
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015