ニュース

デビュー30周年のジャーニー、新作発表!

ジャーニー(Journey)   2005/06/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
デビュー30周年のジャーニー、新作発表!
 今年でデビュー30周年を迎えるジャーニーが、スティーヴ・オウジェリィ(vo)加入後、2枚目のフル・アルバムを発表します。タイトルは『Generations』(写真)。

 アメリカではジャーニー=スティーヴ・ペリーというイメージが強いらしく、彼の脱退後は1作のみでColumbiaとの契約も切られてしまい、インディーズでの活動を余儀なくされました。EP『レッド13』(2002年)に続く新作は、イタリアのメロディアス・ロック名門レーベルFrontiers Recordsからのリリースとなります。

 ペリー脱退後の『アライヴァル』(2000年)も『レッド13』も、ジャーニーの名に相応しい作風でした。新作でも自らの持ち味を活かした、高品質の“産業ロック”を聴かせてくれることでしょう。発売は欧州で8月29日を予定。日本盤の発売も決定している模様ですので、情報が入り次第お伝え致します。

 なお、バンドは30周年を記念するUSツアーを、6月26日、カリフォルニアからスタートさせます。

●『Generations』収録曲
01. Faith In The Heartland
02. The Place In Your Heart
03. A Better Life (lead vocals Deen Castronovo)
04. Every Generation (lead vocals Jonathan Cain)
05. Butterfly (She Flies Alone)
06. Believe
07. Knowing That You Love Me
08. Out Of Harms Way
09. Self-Defense (lead vocals Neal Schon)
10. Better Together
11. Gone Crazy (lead vocals Ross Valory)
12. Beyond the Clouds
13. It's Never Too Late (lead vocals Deen Castronovo) ※bonus track
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015