ニュース

Juice=Juice、最新シングルをニュー・ヴォーカルVer.で追加発売&代々木体育館公演決定

Juice=Juice   2019/09/12 14:24掲載
はてなブックマークに追加
Juice=Juice、最新シングルをニュー・ヴォーカルVer.で追加発売&代々木体育館公演決定
 ハロー!プロジェクト所属のJuice=Juiceが、自身のメジャー・デビュー記念日である9月11日(水)に東京・新宿ReNYにて〈Juice=Juice LIVE TOUR 2019〜Con Amor〜〉を行ないました。新メンバー、工藤由愛(くどうゆめ)と松永里愛(まつながりあい)が加わり本格的な8人体制となっての初ツアーとなります。新曲披露はなかったものの、充実のセトリと、フレッシュな2人が加わった熱いパフォーマンスで観客を魅了しました。

 ライヴのMCで、最新シングル「〈ひとりで生きられそう〉って それってねえ、褒めているの? / 25歳永遠説」のニュー・ヴォーカル・ヴァージョンを追加収録した通常盤C(HKCN-50629 1,000円 + 税)が10月23日(水)に発売されることを発表。リリース後に体制が代わり、新ヴォーカル・ヴァージョンのCDが発売されるのはきわめて異例とのこと。日本レコード協会の8月度ゴールドディスクにも認定されたこの曲の人気の高さがうかがえます。

 また、12月4日(水)には東京・代々木競技場第一体育館で単独ライヴを行なうことも決定。リーダーの金澤朋子は「私たちにとってすごく大きな挑戦で、どうなるかまだ今は想像できていないんですが、全力で突き進むしかないと思っています。冷や汗が止まらない。“選ばれし私達”って感じじゃないですか。8人で本当に頑張らなきゃいけないなってプレッシャーもありますね」とコメントしました。チケットの一般発売は11月9日(土)から。くわしくは、Juice=Juiceのオフィシャル・サイトをご覧ください。

拡大表示拡大表示拡大表示

[オフィシャル・レポート]
 Juice=Juice が、自身のメジャー・デビュー記念日である9月11日に〈Juice=Juice LIVE TOUR 2019〜Con Amor〜〉の東京公演を新宿ReNYにて開催した。

 この夏開催されたハロー!プロジェクト全体でのコンサート・ツアーで新メンバー工藤由愛(くどうゆめ)と松永里愛(まつなが りあい)がパフォーマンス参加を始め、本格的な8人体制で秋ツアーへと突入したJuice=Juice。メジャー・デビュー記念日恒例となっている新宿ReNYでのライヴには満員のファンたちが集まり、メンバーとともにグループのメジャー・デビュー6周年を祝った。ライヴ本編では、最新シングル曲「〈ひとりで生きられそう〉って それってねえ、褒めているの?」を含め全17曲を披露。熱気たっぷりの会場を前に、初の周年ライヴに望んだ新メンバーも意気込みを語った。

 工藤は「今日は“フルーツが歩いてる!”って言われるぐらいフレッシュにやっていきたいと思います!」と宣言し、リーダーの金澤朋子が「ちなみに何のフルーツ?」と聞くと「桃です!」と回答。工藤の加入と入れ替わりに卒業した前リーダー(担当カラー&フルーツがピーチ)を思い出し、金澤が「受け継ぐねえ……」と呟くとファンから同意の声援があがる。一方で松永は「外は雨が降っておりますけども、Juice=Juiceには段原瑠々という晴れ女さんがいるので、私も晴れ女になれるようにがんばります!」と語り、これには段原が笑顔を隠しきれずにいた。

 MCでは6周年を祝うケーキもステージに出され、メンバーも大喜び。さらに、新発表として最新シングル「〈ひとりで生きられそう〉って それってねえ、褒めているの? / 25歳永遠説」のニュー・ヴォーカル・ヴァージョンを追加収録した“通常盤C”が10月23日に追加リリースされることが明らかになった。この追加収録されるヴァージョンには新メンバー2人も加わり、パート割も一新される。同シングルはすでにMVが200万回再生を達成。さらに日本レコード協会の8月度ゴールドディスクにも認定された。とはいえ後から新形態が増えるというめずらしい展開に会場からは笑い交じりの祝福があがる。これには宮本佳林が「なんで皆さんがこんなに笑っているのか謎が深まりますが(会場笑)、こういう形での音源化ってなかなかできることではないので。すごい嬉しいです!」と言い切った。そして、「早く言いたい!」とうずうずしているメンバーの後ろでもう一つの発表がスクリーンに映し出され、Juice=Juiceが12月4日(水)に代々木競技場第一体育館で単独ライヴを行なうことが発表された。会場にはメンバーの突き抜けた喜び声とファンの喝采、バンザイの声に包まれた。開催に際し、金澤は「私たちにとってすごく大きな挑戦で、どうなるかまだ今は想像できていないんですが、全力で突き進むしかないと思っています」とコメント。さらに「いやあ、冷や汗が止まらない。“選ばれし私達”って感じじゃないですか。8人で本当に頑張らなきゃいけないなってプレッシャーもありますね」と持ち曲タイトルに絡めつつも本音をファンと分かち合った。Juice=Juiceといえば、めでたい節目での乾杯。この日も喜びで沸き返るファンたちとともにオレンジジュースでの乾杯をおこなった。乾杯後にはメジャー・デビュー曲「ロマンスの途中」やインディーズ・デビュー曲「私が言う前に抱きしめなきゃね」など、さまざまな人気曲を織り交ぜたセットリストを8人で披露。アンコールまで充実したパフォーマンスでライヴを盛り上げた。

 Juice=Juiceの秋ツアーは本公演で2公演目。今後、“Juice=Juiceの日”10月10日(木)に東京・マイナビBLITZ赤坂で行なわれる特別公演を含め、11月30日(土)の北海道・小樽GOLDSTONE公演まで全国各地をまわっていく。また、10月には宮本佳林のソロ・ツアーも東名阪 Zeppにて3公演行われる。12月4日(水)には自身初となる国立代々木競技場第一体育館での単独ライヴを控え、Juice=Juiceの新たな挑戦が始まった。チケット一般発売は11月9日(土)から。


■2019年10月23日(水)追加発売
Juice=Juice
「〈ひとりで生きられそう〉って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説」

通常盤C HKCN-50629 1,000円 + 税
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015