ニュース

海蔵亮太、約1年半振りの有観客ワンマン・ライヴで新曲「誰そ彼」リリース発表&初披露

海蔵亮太   2021/06/14 13:00掲載
はてなブックマークに追加
海蔵亮太、約1年半振りの有観客ワンマン・ライヴで新曲「誰そ彼」リリース発表&初披露
 シンガー・海蔵亮太が、6月12日に、東京・大手町三井ホールにて〈海蔵亮太 LIVE 2021「僕が歌う理由(わけ)」〉と題した、約1年半振りの有観客ワンマン・ライヴを開催。8月25日(水)に発売する3rdシングル「誰そ彼」(たそがれ)のリリースを発表し、初歌唱披露しました。

 この日のライヴは、最新アルバム『僕が歌う理由(わけ)』のリリースを記念して開催され、この季節にぴったりなアルバム収録曲「紫陽花」からスタート。コロナ禍で医療従事者、介護関係者に向けた応援ソング「Everyday Heroes」、K-POP調にアレンジされた海蔵亮太の真骨頂「Believe in you」、「秘密」、リスペクトして止まないシンガー、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー 〜そばにいてほしい」日本語カヴァーなど、アルバム収録曲を次々と披露。さらに、自身が出演するYouTubeの偏見コメントがきっかけで生まれた、SNS時代の匿名コメントに一石を投じたメッセージ・ソング「サイコパスのうた」を、バンドセットで初ライヴ披露すると、会場からはこの日一番の拍手が沸きました。

 ライヴ後半では、アッパーなライヴの人気曲「Stripes」、「イッショケンメイ」が続き、本編最後には「応援してくれる皆さんがいること、本当にありがとうございます。また季節が巡って、皆さんのマスクが取れて、皆さんと近い距離で、楽しい時間を沢山作って行けたらと思っています。どうか健康に気をつけて、毎日を笑顔で過ごしてもらえたら嬉しいです」と感謝のMCに続いて、初めて海蔵が鮎川めぐみとの共作で作詞を担当し、自分にとって大切な事は何か?自分がなぜ歌い続けるのか?という、シンガーとしてのアイデンティティに迫ったアルバム・タイトル曲「僕が歌う理由(わけ)」を熱唱。

 鳴り止まない拍手に応えて再び登場した海蔵は、「ライヴを僕自身すごい楽しんでいます。本当にありがとうございます」と改めて感謝の言葉を述べると、デビュー・シングル「愛のカタチ」をキーボードと海蔵のみで、しっとりと歌い上げました。

 そして、この日のライヴの最後に、3rdシングル「誰そ彼」を8月25日にリリースすることを発表すると、改めて会場から大きな拍手が沸き、同曲を初披露し、この日のライヴを締め括りました。

 なお、3rdシングル「誰そ彼」TYPE-Aに付属するDVDには、この日のライヴが収録される予定。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

〈海蔵亮太 LIVE 2021 僕が歌う理由(わけ)〉
2021年6月12日(土)東京・大手町三井ホール

[セットリスト]
1. 紫陽花
2. Story
3. Everyday Heroes
4. Believe in you
5. 秘密
6. ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい
7. アイシテル×アイシテル
8. 素敵な人よ
9. サイコパスのうた
10. しゃぼん玉
11. Stripes
12. イッショケンメイ
13. 僕が歌う理由(わけ)

EC1. 愛のカタチ
EC2. 誰そ彼


■2021年8月25日(水)発売
海蔵亮太
「誰そ彼」

www.ryota-kaizo.com/news
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015