ニュース

菅野美穂×高畑充希×尾野真千子が“母親”を熱演 『明日の食卓』本予告映像&本ヴィジュアル公開

菅野美穂   2021/04/09 12:57掲載
はてなブックマークに追加
菅野美穂×高畑充希×尾野真千子が“母親”を熱演 『明日の食卓』本予告映像&本ヴィジュアル公開
 誰も見たことのない、だが誰にでも起こり得る母と子の壮絶なドラマを描く映画『明日の食卓』が、5月28日(金)より東京・角川シネマ有楽町ほかにて全国ロードショー。予告映像と本ヴィジュアルが公開されています。

 原作は、2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞を受賞、『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』で第69回小学館児童出版文化賞を受賞した椰月美智子による『明日の食卓』。どこにでもいる母と子供たちの、リアルで壮絶な物語です。

 『ジーン・ワルツ』以来10年ぶりの映画主演となる菅野美穂が元フリーライターで2人の息子を育てる留美子役に挑み、やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親をパワフルに演じます。また、シングルマザーで大阪に暮らす加奈には高畑充希。若くして子供を産み、日々非正規の仕事を掛け持ち、時間に追われながらも息子のために健気に生きる姿が心を打ちます。そして年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見何不自由なく幸せを手に入れているあすみを尾野真千子が丁寧に演じます。

 予告映像では、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライターの石橋留美子(菅野美穂)、大阪府在住の30歳のシングルマザーで息子を愛情深く育てながら懸命に生きる石橋加奈(高畑充希)、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)、同じ“ユウ”という名前の10歳の息子を育てる3人の母親たち三者三様の「石橋家」の平和な日常が描かれていきます。しかし、突如として「ある日、ひとりのユウ君が母親に殺された―」という言葉と共に衝撃の展開へと繋がっていき、子育てや家事に非協力的な夫に対し「協力し合おうって思えないの?」と問い詰める留美子の姿や、加奈に対し「僕のことはもう嫌いなんや!」と叫ぶ息子の勇(阿久津慶人)、そして「僕はいい子じゃない!お母さんもいいお母さんじゃない!」と狂気じみた表情で話す、あすみの息子の優(柴崎楓雅)を捉えたカットなど、それぞれのリアルかつ魂を揺さぶられるシーンが映し出されていき、三つの石橋家がたどり着く運命は私たち観る者の運命そのものかもしれないとメッセージを投げかけます。

 また主題歌を歌うのは、瀬々敬久監督の『菊とギロチン』で大杉栄を演じた、ミュージシャンでもある小木戸利光が実弟の小木戸寛と組むバンド、tokyo blue weepsの「Motherland」。2012年リリースのEPに収録されている「dear grandma」を瀬々監督が気に入り、本作のためにアレンジを加え、本編が終わった後に続く「明日」への望みをつなぎます。

 ヴィジュアルは、菅野、高畑、尾野が演じる3人の母親たちがこちらを覗き込むような構図となっており、一見、光に包まれた幸せな雰囲気に見えるものの、真ん中には「息子を殺したのは、私ですか―?」という衝撃のコピーが添えられ、懸命に生きる3人の母親たちの三者三様の運命を予感させるヴィジュアルとなっています。

 ワンオペ育児や困窮するシングルマザー、世の母親たちを取り巻く環境はかようにも過酷ですが、それは決して母親だけの問題ではない。にもかかわらず、その多くを彼女たちが背負わざるを得ない現実があります。それぞれが子育てに奮闘しながらも、息子を心から愛する幸せな家庭を築いていたはずだったのに、どこで歯車が狂ってしまったのか……。

 すでにマスコミ試写では女性たちの高い共感度を得ており、瀬々監督が女性が社会、育児、仕事の狭間で揺れ動く、決して他人事ではないリアリティあるサスペンスを紡ぎだしました。


©2021「明日の食卓」製作委員会

『明日の食卓』
2021年5月28日(金)より東京 角川シネマ有楽町ほか全国公開
movies.kadokawa.co.jp/ashitanoshokutaku
配給: KADOKAWA / WOWOW
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015