ニュース

カサビアン、<恐竜博2011>で新作試聴イベントを開催!

カサビアン   2011/07/29 14:20掲載
はてなブックマークに追加
カサビアン、<恐竜博2011>で新作試聴イベントを開催!
 これまでにリリースした3作すべてがミリオン・セールスを達成し、現在2作連続で全英1位、「Brit Awards」では「Best Group」も受賞している国民的バンドであり、イギリスを中心にヨーロッパでは万単位のアリーナ会場をソールドアウトさせ、巨大音楽フェスティバルや日本でも<SUMMER SONIC>でのヘッドライナー歴も誇る、世界を代表するライヴ・アクト、カサビアン(KASABIAN)

 その中心メンバーであるメイン・ヴォーカルのトムと、全曲を手がけるギター兼ヴォーカルのサージが、本国イギリスでは9月19日、日本では9月21日に発売されることが決定している通算4作目のアルバム『ヴェロキラプトル!』のプロモーションのために来日! 8月8日(月)には、「ティラノサウルスを倒せた有史以来最も凶暴な生物。今作のタイトルにふさわしい」(サージ)、「元々バンドをやるならこれを名前にしたかった」(トム)と、2人が語る恐竜の名前を冠した新作タイトルにちなみ、国立科学博物館で開催中の<恐竜博2011>(10月2日まで開催)の会場で『ヴェロキラプトル!』収録曲の試聴イベントを行なうことが決定しました。

 ティラノサウルス×トリケラトプスという恐竜2大スターの対決をはじめ、数々の最新研究を反映した世界初公開の全身復元骨格、化石、標本などの展示で人気を博している<恐竜博2011>。試聴会イベントは閉館後の夜に完全招待制で行なわれ、トムとサージが新作『ヴェロキラプトル!』の未公開音源を持って登場します。

 イベントには、ソニー・ミュージックの洋楽オフィシャルTwitterやFacebookを通じて参加できるチャンスも。近々応募要項が発表される予定です。

 現時点で唯一先行公開されている「スウィッチブレイド・スマイルズ」のミュージック・ビデオが早くも話題となっているカサビアン、現地29日(金)夜には、イギリス屈指のライヴハウス「ラウンドハウス」にて、7月中31夜連続でビーディ・アイフー・ファイターズリンキン・パークコールドプレイをはじめ超豪華60組以上のアーティストが出演中のフェス<iTunes Festival>に出演。その模様は日本時間30日(土)早朝5時頃からiTunesにてライヴ・ストリーミングされ、『ヴェロキラプトル!』からも数曲披露される予定! ぜひチェックを。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015