ニュース

Hakuju Hallの〈ワンダフルoneアワー〉第31回は川本嘉子と上杉春雄のデュオ・リサイタル

川本嘉子   2017/11/22 15:30掲載
はてなブックマークに追加
Hakuju Hallの〈ワンダフルoneアワー〉第31回は川本嘉子と上杉春雄のデュオ・リサイタル
 東京都交響楽団首席奏者を経て、現在ではソリスト / 室内楽奏者として活躍するヴィオラ奏者の川本嘉子と、医師でありながらピアニストとしても活躍し、国内の音楽家たちから厚い信頼を寄せられる上杉春雄が、2017年12月8日(金)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催される〈第31回 ワンダフルoneアワー〉に登場します。

 クラシックのコンサートといえば、夜の公演が多く、しかも2時間以上かかってしまうもの。「忙しいから難しい」「夜の外出はちょっと……」といった理由で行くことを諦めてしまう方におすすめしたいコンサート・シリーズが〈ワンダフルoneアワー〉。本シリーズは昼夜2回の公演で、かつ公演時間が1時間に凝縮された“音楽のエスプレッソ”と呼べるコンサートです。

 マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)や小澤征爾ら世界的な巨匠からも信頼が厚く、古典から現代曲までと幅広いレパートリーを持つ川本と、長年共演を続ける上杉。2006年にリクライニング・コンサートに登場した名デュオが今回奏でるのは、シューマンの「詩人の恋」とブラームスの「4つの厳粛な歌」です。シューマンとブラームスの“詩”と“歌”を、人の声に最も近いと言われる楽器であるヴィオラで味わえる、円熟のデュオならではの充実した公演内容が予定されています。

拡大表示拡大表示
©Takahiro Hoshiai


第31回 ワンダフルoneアワー
川本嘉子&上杉春雄 デュオ・リサイタル
円熟のデュオ シューマンとブラームスの「詩」と「歌」

www.hakujuhall.jp/syusai/123.html

2017年12月8日(金) 
15:00〜 / 19:30〜
※休憩なし約1時間
各回全席指定3,000円(税込)


[出演]
川本嘉子(va) / 上杉春雄(p)

[プログラム]
シューマン: 詩人の恋 op.48 (ヴィオラ&ピアノ版)
ブラームス: 4つの厳粛な歌 op.121 (ヴィオラ&ピアノ版)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015