ニュース

川嶋あいが「明日への扉」をブラス・アレンジでセルフカヴァー 3年ぶりの全国ツアーも開催決定

川嶋あい   2019/02/15 12:43掲載
はてなブックマークに追加
川嶋あいが「明日への扉」をブラス・アレンジでセルフカヴァー 3年ぶりの全国ツアーも開催決定
 初のコラボレーション・アルバム『Ai X(アイ タイムズ)』のリリースを5月15日(水)に控え、Anlyをフィーチャーした同作からの先行配信第1弾「砂漠の花 feat. Anly」が話題となっている川嶋あいが、16回目のデビュー記念日となった2月14日にニュー・シングル「明日への扉 川嶋あい Self  Cover Ver.」をリリース。併せてミュージック・ビデオも公開されています。

 同楽曲は、I WiSHの“ai”として2003年2月14日に発表したデビュー曲を、ブラスバンド主体のアレンジメントでセルフカヴァーしたもの。楽曲について川嶋は「2003年のリリースから、16年振りとなりましたが、川嶋あいとして、私自身のデビューシングル〈明日への扉〉を再レコーディングすることになりました。たくさんの方に親しんで聞いていただいた楽曲なので、歌う時にはいつも言葉で言い表せない、何か特別なものを心に抱いている感覚があります。ブラスバンドを主体とした新たなアレンジの世界観も楽しんでいただきながら、もう1つの〈明日への扉〉に、聞いていただける皆様が出会ってくれたら、とても幸せです」とコメント。

拡大表示拡大表示

 “ナチュラルでエモい”をテーマに、カップルの日常をドキュメンタリー・タッチで描くMVでは、モデルとしてのみならず「She magazine」でのカレー食べ歩き連載「カレーときどき村田倫子」でコラムニストとしても注目を浴びる村田倫子を主演に起用。MVへの出演について、1992年生まれの村田は「青春を刻んだ作品に、今、自分が携わっていることが夢のような時間でした」と語っています。

 また5月からは、約3年ぶりの全国ツアー〈川嶋あい LIVE TOUR 2019 〜雨足〜〉の開催が決定。現在、5月31日(金)福岡・八女市民会館、6月1日(土)大阪・岸和田市立浪切ホール、21日(金)愛知・ダイアモンドホール、22日(土)岡山・玉島市民交流センター 玉島湊ホールの4公演が発表されている同ツアーについて、川嶋は「約3年ぶりに全国ツアーを開催することができて、とにかく喜びと興奮に満ちあふれている気持ちです。“雨足”というタイトルには、これまで描いてきた楽曲が持つ多角的な表情みたいなものを、ライブの場でより表現していけたらと思い、名前を付けました。雨音が激しくなったり、時に小さな通り雨のようになったり…。揺れ動いてゆくそれぞれの楽曲が持つ、様々なストーリーを、足を運んでいただく皆様に、アコースティックサウンドで体感していただけるよう、最高の準備をしてゆきたいと思っています」とコメントしています。

拡大表示


■2019年2月14日(木)発売
川嶋あい
「明日への扉 川嶋あい Self  Cover Ver.」



拡大表示

川嶋あい LIVE TOUR 2019
〜雨足〜

2019年5月31日(金)福岡 八女市民会館
2019年6月1日(土)大阪 岸和田市立浪切ホール
2019年6月21日(金)愛知 ダイアモンドホール
2019年6月22日(土)岡山 玉島市民交流センター 玉島湊ホール
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015