ニュース

川嶋あい、17回目の“8月20日公演”を開催 井上苑子がゲストで登場

川嶋あい   2019/08/21 14:06掲載
はてなブックマークに追加
川嶋あい、17回目の“8月20日公演”を開催 井上苑子がゲストで登場
 シンガー・ソングライターの川嶋あいが、8月20日に東京・有楽町 HULIC HALL TOKYOにて〈Ai Kawashima 17th LIVE 歌園 -UTAZONO-〉を開催。

 川嶋あいにとって“8月20日”は1年で一番大切な日であり、スタートの日。2003年にI WiSHとしてデビュー以来、毎年欠かすことなく実施している“8月20日ライブ”も今年で17回目。川嶋は登場するなり、バンド編成で「3年後の都会へ」「どんなときも」「Hero」を3曲連続で披露。最初のMCでは「ひとり残らず幸せにします!」と約1000人のファンを前に宣言しました。

 「FlowerII」などI WiSH時代の楽曲を披露したあとは、弾き語りで「I」を歌いあげる川嶋。ライヴ中盤にサプライズ・ゲストの井上苑子が登場すると会場は大きな歓声に包まれました。その後2人はMCの掛け合いから、コラボ・アルバム『Ai X(アイタイムズ)』収録曲の「Face feat. 井上苑子」を披露しました。ライヴ後半は童謡のほか、代表曲「見えない翼」「My Love」を熱唱。アンコールでは新曲「ゴール」と定番曲「I Love Your Smile」を披露し、ワンマン・ライヴはすべて終了。ライヴ・テーマ「歌園」のもと、“歌”や“笑顔”が会場に咲き乱れた公演となりました。

[ライヴ・レポート]
 花が開花するような雰囲気のオープニングSEから、川嶋あいが登場し、バンド編成で「3年後の都会へ」「どんなときも」「Hero」3曲連続で披露。最初のMCで川嶋は「ひとり残らず幸せにします!」と約1000人のファンを前に宣言した。

 続けて、16年前の楽曲「Flower供廖uneasy」とファンにとって懐かしいI WiSH時代の楽曲を披露すると川嶋自身が「一番強い女性的な部分を表現した」と話し、自身の弾き語りで「I」を歌いあげた。天使の歌声と呼ばれた川嶋の歌声に会場は酔いしれていた様子だった。

拡大表示拡大表示

 続いてのMCで「サプライズゲストが来てくれています。5月にリリースしたコラボアルバムの中で一番思いがあります」と川嶋あいのワンマン・ライヴでは初となるサプライズゲストに女子高校生を中心に人気の井上苑子が登場した。このサプライズに会場は大きな歓声に包まれた。川嶋と井上は同事務所所属の先輩後輩関係。2人とも幼少期から音楽活動をしていた共通点もありMCの掛け合いでは、「ありのままが好き、苑子ちゃんとコラボができて感慨深い。お互い10代の時にストリートライブをやっていた。その時の、切なさ、でもどこか勇気が湧いてくる。そんな気持ちを感じながらこの作品を作りました」と本年5月リリースのコラボ・アルバム内から「Face feat. 井上苑子」を初めて披露した。

 後半戦にはいると川嶋がはまっているという童謡コーナーへ移った。ダンサーをステージに迎え、「幸せなら手をたたこう」「手のひらを太陽に」「アイスクリームレース」を立て続けに披露。コーナー中のMCで“泉市長いますかー!?”と今話題の兵庫県明石市長をいじった。市長自身もまんざらではない様子で手を振って答えていた。明石市の子ども大使としてこども向けに書き下ろした「チクタク」「8」を披露。会場中が川嶋とダンサーの真似をして踊っていた。

 そのまま川嶋の代表曲「見えない翼」「My Love」とアップパートを連発し会場の熱気はピークに。そのまま「飛べない鳥」を歌い上げ本編が終了。大きな拍手・歓声の中アンコールに登場した川嶋は、新曲「ゴール」を披露。バラード調の新曲にファンも聞き入った様子だった。続けてアンコールでは定番となっている「I Love Your Smile」を、会場全体の『La La La』の合唱と共に披露した。

 そして最後に、この日が養母の命日ということもあり、「私が大切な人に伝えられなかった言葉を歌にしました」と述べ、8月20日にしか歌わない「…ありがとう...」を歌い上げ、ワンマン・ライヴの幕が閉じた。

 また、来年以降の8月20日公演へ期待を持てる公演となった。


拡大表示拡大表示


Ai Kawashima 17th LIVE 歌園 -UTAZONO-
2019年8月20日 HULIC HALL TOKYO

[セットリスト]
01. 3年後の都会で
02. どんなときも
03. Hero
04. 暑中お見舞い申し上げます!
05. あなたが旅立った春のにおい
06. FlowerII
07. uneasy
08. I
09. Face feat. 井上苑子
10. 幸せなら手をたたこう
11. 手のひらを太陽に〜アイスクリームレース
12. チクタク〜8(明石市コラボ楽曲)
13. 見えない翼
14. My Love
15. 飛べない鳥

EN1. ゴール
EN2. I Love Your Smile

WEN1. …ありがとう...
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015