ニュース

河瀬直美監督の最新作、映画『2つ目の窓』は今夏公開

河瀬直美   2014/02/27 15:11掲載
はてなブックマークに追加
河瀬直美監督の最新作、映画『2つ目の窓』は今夏公開
 〈カンヌ国際映画祭〉にて 『萌の朱雀』(1997年)でカメラドール(新人監督賞)、『殯の森』(2007年)ではグランプリ(審査員特別大賞)を受賞、2013年には審査員をつとめたことも注目を浴びた河瀬直美監督の最新作、映画『2つ目の窓』(WOWOW FILMS)が今夏公開となることが決定しました。島に抱かれ暮らす16歳の少年と少女、そして彼らを取り巻く大人たちの姿を通して、この時代を生きる人々への一筋の希望を伝える人間ドラマが描かれています。

 オーディションにより選ばれた主演は、島で生まれ育ち、生と死を目の当たりにするひと夏を共に過ごしながら成長する16歳、“界人(かいと)”役に村上虹郎(むらかみ にじろう)、“杏子(きょうこ)”役は吉永 淳(よしなが じゅん)の2人。杉本哲太松田美由紀渡辺真起子村上 淳榊 英雄常田富士男という日本を代表する個性派俳優たちとの化学反応に期待しましょう。

 本作はWOWOWの劇場用映画レーベル「WOWOW FILMS」の最新作となり、日本、フランス、スペインの出資による国際共同製作。中でも、優れた映画作家の作品を追っているフランスのTV局「ARTE France Cinema」の参加作品として、全篇日本で撮影された作品が選ばれるのは初めてとか(河鶸篤弔里海譴泙任虜酩覆紡个垢觀桧佞函∈2鵑虜酩覆竜嗚椶離譽戰襪旅發気砲茲蝓▲灰潺奪轡腑鸛完一致での決定だったそう!)。

2つ目の窓

[村上虹郎からのコメント]
主演に選ばれた時の感想
“映画、やりますか”と、風が気持ちよい海を目の前に監督から言って頂き、監督と主演という関係がやっとの思いというか、やっとこさの始まりでもありました。嬉しかったです本当に。でも嬉しいのと同時にプレッシャーがありました。何をかはわからなかったんですが頑張らなきゃなって。河瀬さんと僕、同時に監督と役者。出逢いから撮影期間中も今も、河瀬さんは河瀬さんで、主演が決まってから段々と河瀬さんが映画監督になっていっていきました。ずっと監督は監督なんですが、じゃあ監督って具体的にどんな事を言ったり、したりするのかがわからなかったので、それも徐々にという感じでした。

撮影後の今の想い
同じ方向に進んできた仲間っていったら生意気なんですけど、独特なファミリーみたいな。たったの数週間、数ヵ月という短時間の中でほとんど初めて会った人達と一つの人生を生きる。そんな濃い時間はあっという間に過ぎ去って、散り散りになってしまって最終日とか気持ちは弾けたのに、後も何かモヤモヤしたものがあります。その中には大きく寂しいなって気持ちがあります。スタッフさん、監督、他のキャストさん達全員なんですが、特に母役の渡辺真起子さん、ヒロインの吉永淳ちゃん、そして監督とは本当に切実に時間を共にして、良かったです。ありがとうございます。


[吉永 淳からのコメント]
主演に選ばれた時の感想
全力で挑んだオーディションだったので、選んで頂いたときは、喜びが大きかったです。もちろん、主演であることに対して、「本当に、私でいいのかな」という想いはありましたが、監督に選んで頂いたからには、私のできる精一杯のことをしようと心に決めました。奄美大島の豊かな自然のなかで、私なりに杏子を生きたいと思いました。

撮影後の今の想い
最近、日々の生活の中で、ふと奄美大島の風景を思い出すことがあります。波の音。風の音。鳥のさえずり。そのひとつひとつがパッと目の前に、広がりをもって現れるのです。 作品制作中、河瀬監督に「スタッフ、キャスト全員で、物語の糸を紡ぐのだ」と助言を頂きました。この作品に込められている想いが観客の皆様の元に届き、そしてさらに糸が紡がれてゆくのでしょう。その日を境に、また新しい世界がはじまることを願っています。


[河瀬直美からのコメント]
主演二人の起用理由
圧倒的な強さを持つ奄美の自然。それに負けない存在感のある2人。目、たたずまい、声、肌の色、海で泳ぐ姿……演技経験の有無に関わらず、そんな彼らの持つ質感を重要視しました。

実際に撮影をし終えた今の感想
思っていた以上にその質感は奄美の自然と対峙し、得も言われぬ存在感として映画に定着しました。何度も本気で泣き、何度も本気で笑い、何度も本気で悩んで怒って……沈黙したり、疾走したりしながら、この映画人生を歩んでくれました。きっと、彼らの映ったショット、それを切れば血が流れるのだと思います。それほどに、彼らはそこで生きて、存在していました。彼らの魂はこの世界の希望となるでしょう。


(C)2014“FUTATSUME NO MADO” JFP, CDC, ARTE FC, LM.
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015