ニュース

キーラ・ナイトレイがフランスの女性作家コレットを演じた映画「コレット」公開決定

キーラ・ナイトレイ   2019/02/08 15:00掲載
はてなブックマークに追加
キーラ・ナイトレイがフランスの女性作家コレットを演じた映画「コレット」公開決定
 フランス文学界で最も知られ、時代を作り上げたアーティストとしても今なお人々を魅了し続ける女性作家シドニー=ガブリエル・コレットの半生を描いた映画「Colette」が、邦題「コレット」として5月17日(金)より東京・有楽町 TOHOシネマズ シャンテ、東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開されることが決定。映画のポスター・ヴィジュアルが公開されています。

 シドニー=ガブリエル・コレットは、自著作品を舞台化する際に当時無名のオードリー・ヘプバーンを主役に大抜擢し、ヘプバーンを一躍スターにした立役者として知られ、またファッション・デザイナーのココ・シャネルジャン・コクトーら多くの芸術家に愛された唯一無二の存在としても知られています。

 本作は、片田舎に生まれ育った自由奔放な少女コレットが、フランス屈指のベストセラー作家と呼ばれるようになるまでの波乱と情熱に満ちた半生を映画化したもの。男性優位の時代でも慣習やジェンダーにとらわれることなく、あらゆる分野で才能を開花させて力強く生きたコレットが描かれています。

 監督・脚本を務めたのは、『アリスのままで』などの作品で知られるウォッシュ・ウェストモアランド。『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイが知性と行動力を持ち合わせるエネルギッシュなコレットを演じたほか、『ザ・スクエア 思いやりの聖域』のドミニク・ウエスト、『ハリー・ポッター』シリーズのフィオナ・ショウらがキャストに名を連ねています。

© 2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

「コレット」
2019年5月17日(金)より東京 有楽町 TOHOシネマズ シャンテ、東京 新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー
colette-movie.jp

[あらすじ]
フランスの田舎町で生まれ育ったコレット。14歳年上の人気作家ウィリーと結婚し、それまでとは別世界のパリへと移り住む。コレットは夫とともに芸術家たちの集うサロンで、享楽の世界に浸っていた。そんな中、コレットの才能にいち早く気が付いたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に小説を書かせることに。その後、コレットが執筆した「クロディーヌ」シリーズは、社会現象を巻き起こすほどの一大ブームとなる。しかし、コレットは自分が作者であることを世間に認められない葛藤と夫の度重なる浮気と抑圧に苦しめられることとなる。激動の時代に流されることなく、心の声に従って愛と自由を手にしたひとりの女性。ありのままの自分でいるため、あらゆる困難と闘いながらも、最後まで自分自身に正直であり続けようとする意志は揺らぐことはなかった。自らの力で切り開いた道の先にコレットが見つけた“希望”とは――。


出演: キーラ・ナイトレイ / ドミニク・ウェスト / フィオナ・ショウ / デニース・ゴフ / エレノア・トムリンソン ほか
監督: ウォッシュ・ウェストモアランド
脚本: リチャード・グラッツァー / ウォッシュ・ウェストモアランド / レベッカ・レンキェヴィチ
2018年 / イギリス・アメリカ / カラー / 英語 / 111 分 / シネマスコープ / 5.1ch / PG12
字幕翻訳: 山門珠美

配給: 東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015