ニュース

吉川 友が大森靖子・アカシックとタッグを組んだ「DISTORTION / ときめいたのにスルー」のMV公開

吉川友   2017/12/26 16:07掲載
はてなブックマークに追加
吉川 友が大森靖子・アカシックとタッグを組んだ「DISTORTION / ときめいたのにスルー」のMV公開
 2018年1月17日(日)に吉川 友が12枚目のシングル「DISTORTION / ときめいたのにスルー」をリリース。2曲のミュージック・ビデオが公開されています。

 10枚目のシングル「歯をくいしばれっっ! / チャーミング勝負世代」を制作した大森靖子アカシックらと、再びタッグを組んだ今回の新曲。理姫(アカシック)が作詞を、奥脇達也(アカシック)が作曲を手がけた「DISTORTION」は、「バンドで盛り上がる」をテーマに制作。理姫と、共通の趣味である釣りに向かい、交流を深めたうえで作詞されたナンバーです。

 大森靖子が作詞作曲を、サクライケンタが編曲を手がけた「ときめいたのにスルー」は、アップテンポな曲調に言葉を詰め込んだ、「大森靖子節」を感じさせるクセの強いリズミカルな一曲。レコーディング時に大森から「吉川友カラー強めで歌って」とオーダーを受け、しゃくり上げる歌い方やリズムの取り方など、研修生時代に叩き込まれた“つんく♂イズム”を存分に織り交ぜたとのこと。今回で大森とのタッグは3作目となり、「芯のブレない女性への成長」を等身大で歌い上げています。


 2曲のMV は、「スルー」というキーワードから、「車」「ヒッチハイク」を軸に、「強い女性」「等身大」をテーマに撮影。それぞれの曲イメージに合わせ、別々で撮影したものの、1本のショート・ムーヴィーのように繋がった作品となっています。

 2018年は、ニュー・シングルの発売を記念したリリース・イベントのほか、定期的に行ってきたバンド・ライヴも積極的に行なっていく予定の吉川 友。あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーが参加する「きっかバンド」としてのライヴ出演も決定しています。詳細はオフィシャル・サイトをご覧ください。

拡大表示拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示


■2018年1月17日(水)発売
吉川友
「DISTORTION / ときめいたのにスルー」


初回生産限定盤A
CD+DVD POCS-9174 2,222 円+税

[CD]
01. DISTORTION
02. ときめいたのにスルー
03. DISTORTION(Instrumental)
04. ときめいたのにスルー(Instrumental)

[DVD]
01. DISTORTION(Music Video)
02. ときめいたのにスルー(Music Video)
03. メイキング映像


初回生産限定盤B
POCS-9175 1,204円 + 税

[収録曲]
01. DISTORTION
02. ときめいたのにスルー
03. 華麗なる大変身(ボーナストラック)
04. DISTORTION(Instrumental)
05. ときめいたのにスルー(Instrumental)


通常盤
POCS-1668 1,000円 + 税

[収録曲]
01. DISTORTION
02. ときめいたのにスルー
03. DISTORTION(Instrumental)
04. ときめいたのにスルー(Instrumental)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015