ニュース

清塚信也、『connect』CD購入者限定〈清塚信也の“connect”ワンポイント講座〉予告編公開

清塚信也   2018/12/11 13:00掲載
はてなブックマークに追加
 ピアニスト / 作・編曲家 / 俳優などのマルチな活動を展開する清塚信也が、新作アルバム『connect』(UCCY-1092 3,000円 + 税)を12月12日(水)にリリース。CD購入者限定で見ることができる〈清塚信也の“connect”ワンポイント講座〉の予告編がYouTubeで公開されています。

 この動画はCDのタスキ裏に記載されているQRコードまたはURLにアクセスし、タスキ裏に記載のパスワードを入力することで視聴できます。動画は清塚本人が収録曲のポイントや聴きどころを語る内容で、順次公開されていき、全部で5本の動画が公開の予定です。最初に公開されるのは、J.S.バッハ「イギリス組曲第3番ト短調BWV808」についてです。

 アルバム『connect』は、J.S.バッハの「イギリス組曲第3番」やモーツァルトのピアノ・ソナタ第14番、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」といった、クラシック・ピアノの名曲を収めた内容。アルバム・タイトルには、“クラシック音楽と人々を”、“クラシックと現代(いま)を”、“バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンと我々現代人を”、“connect=つなげる”という意味が込められています。ボーナス・トラックとして、東京・上野 東京都美術館で開催中の展覧会〈ムンク展―共鳴する魂の叫び〉の公式テーマ曲「Etude No.1“Dessin”」のほか、自らが楽士として出演もした舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』より「愛のテーマ」、フィギュアスケートやアイス・ショーでも話題の「春よ、来い」も収録。また本作を携え、2019年1月から4月にかけて〈清塚信也コンサートツアー 2019 connect〉が開催されます。



CD購入者向け期間限定特典〈清塚信也の“connect”ワンポイント講座〉
2018年12月11日(火)〜2019年1月11日(金)まで
J.S.バッハ: イギリス組曲第3番ト短調BWV808について

公開予定動画
モーツァルト: ピアノ・ソナタ第14番ハ短調K.457について
視聴期間: 1月12日(土)〜2月11日(月・祝)(予定)

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2「月光」について
視聴期間: 2月12日(火)〜3月11日(月)(予定)

オリジナル曲、カバー曲について
視聴期間: 3月12日(火)〜4月11日(木)(予定)

総集編
視聴期間: 4月12日(金)〜5月31日(金)(予定)


■2018年12月12日(水)発売
清塚信也
connect

CD UCCY-1092 3,000円 + 税
※デジタル / ハイレゾ / ストリーミングもCDと同時配信
※iTunesでは11月28日(水)から予約開始となり、予約すると「月光」と「春よ、来い」の先行ダウンロードが可能


[収録曲]
01. J.S.バッハ: イギリス組曲第3番ト短調BWV808
02. モーツァルト: ピアノ・ソナタ第14番ハ短調K.457
03. ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2「月光」
04. Etude No.1“Dessin”(「ムンク展」公式テーマ曲)作曲: 清塚信也
14. 『シラノ・ド・ベルジュラック』〜愛のテーマ 作曲: 清塚信也
15. 春よ、来い(Fantasy on Ice 2018使用曲)作詞・作曲: 松任谷由実


[演奏]
清塚信也(p)

[録音]
2018年8月19日 東京・銀座 音響ハウス、10月4、5日 東京 渋谷 Red Bull Music Studios Tokyo


清塚信也コンサートツアー 2019 connect
tristone.co.jp/kiyozuka/tour

1月26日(土)愛知 名古屋 愛知県芸術劇場コンサートホール
2月1日(金)福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
3月15日(金)香川 高松 レクザムホール(香川県県民ホール)
3月16日(土)大阪 ザ・シンフォニーホール
3月29日(金)新潟 長岡リリックホール・コンサートホール
3月31日(日)富山県教育文化会館
4月13日(土)宮城 日立システムズホール仙台コンサートホール
4月14日(日)東京 赤坂 サントリーホール
4月17日(水)北海道 中川郡 幕別町百年記念ホール
4月18日(木)北海道 旭川市大雪クリスタルホール
4月19日(金)北海道 札幌コンサートホールKitara小ホール(昼夜2公演)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015