ニュース

ライラ・ビアリ、コンテンポラリー・ジャズ路線を推し進めた新作『アウト・オブ・ダスト』をリリース

ライラ・ビアリ   2020/02/26 12:45掲載
はてなブックマークに追加
ライラ・ビアリ、コンテンポラリー・ジャズ路線を推し進めた新作『アウト・オブ・ダスト』をリリース
 カナダのジャズ・シンガー / ソングライターのライラ・ビアリ(Laila Biali)が、2019年〈ジュノー賞〉“Vocal Jazz Album of the Year”を獲得したセルフ・タイトルの前作『ライラ・ビアリ』に続くニュー・アルバム『アウト・オブ・ダスト』(CD RPOZ-10056 2,400円 + 税)を4月8日(水)にリリースします。

 本作は、インディ・ロックやR&Bのエッセンスまでも取り入りた前作のコンテンポラリー・ジャズ路線をさらに成熟させたもので、5曲でストリングス・セクションが加わったほか、ホーン・セクションもさらに充実し、柔らかく温かみのあるサウンドに仕上がっています。

 また、4曲目「ウェンディーズ・ソング」に象徴されるように、友人の死にインスパイアされた私的な内容でもあり、サウンドと詞世界ともにシンガー・ソングライターとしての良質な資質が顕著に感じられる作品となっています。グレゴリー・ポーターや日本盤のみ収録のレナード・コーエンのカヴァーも自身の世界に引き寄せて表現されています。

 録音メンバーは、前作に続きスナーキー・パピーからラーネル・ルイス(ds)とマイク・マーハー(tp)、ラージ・アンサンブル・シーンから信頼され続けるグラミー・ノミネイターのアラン・ファーバー(tb,hornアレンジ)ほか、ゴドウィン・ルイス(ss)、ジョン・エリス(ts,b-cl)、ミシェル・ウィリス(vo)ら気鋭のミュージシャンが多数参加しています。


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015