ニュース

リトル・フィート、全盛期だった1976年のライヴがDVD+CDで登場

リトル・フィート   2014/03/14 15:02掲載
はてなブックマークに追加
 スライド・ギターの名手ローウェル・ジョージを中心に、西海岸にて1969年に結成され、高い演奏能力とルーツ・ミュージックに根ざしたアーシーなアメリカン・ロックの人気バンドとして活躍したリトル・フィート(Little Feat)。彼らが1976年6月7日に、オランダの〈ピンクポップ・フェスティヴァル〉で行なった貴重なステージを収めるDVD + CD『「ラスト・レコード・アルバム」ツアー 1976〜ライヴ・アット・ピンクポップ・フェスティバル』(YMBA-10504 4,500円 + 税)を4月2日に発表します。

 南部 / ニューオーリンズ・テイストの濃いアルバム『ディキシー・チキン』で成功をおさめ、ファンキーなテイストを押し出した翌74年の『アメイジング』を経て、さらにリッチー・ヘイワードの交通事故やローウェルの肝炎などで遅れを取ったものの75年の年末には『ラスト・レコード・アルバム』を発表。アルバムのプロモーションで全米を精力的にまわり、その後のヨーロッパ・ツアーの一貫で出演したのがピンクポップ・フェスティヴァルでした。

 同梱されるCDには、映像には収められなかった「ワン・ラヴ・スタンド」と「オー・アトランタ」が収録されています。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015