ニュース

MACO、横澤夏子×江野沢愛美と新感覚の生配信ガールズトーク&ライヴを開催 見逃し配信決定

MACO(onepeace)   2020/10/29 13:06掲載
はてなブックマークに追加
MACO、横澤夏子×江野沢愛美と新感覚の生配信ガールズトーク&ライヴを開催 見逃し配信決定
 異例の4ヵ月連続の新曲リリースを発表し、第2弾配信シングル「再恋愛」を10月23日にリリースしたばかりのシンガー・ソングライター、MACOが、新曲リリースを記念して新感覚の生配信ライヴ「Endless Love Tour 〜Girls Night〜」を開催しました。

 今回はガールズ・トークとライヴが並行して進んでいく新たな試みのライヴで、お笑い芸人の横澤夏子と「non-no」(集英社)専属モデルで現在AbemaTVにて放送中の「恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss On The Bed〜」(以下「ドラ恋」)出演中の江野沢愛美の2人をゲストに招き、3人のガールズトークとMACOのライヴを融合した一夜となりました。

 MACOが画面に登場すると「今日もかわいい!」「会いたかったよ〜」とチャットも盛り上がります。MACOの代表曲のひとつでもある「恋するヒトミ」、アラサー女子の心情をジャズ・サウンドにのせ爽快に歌った「タイムリミット」、4ヵ月連続配信の第1弾シングルとなった「夏風邪」を続けて披露。トークブースでは、横澤と江野沢が拍手でMACOを迎え入れると、3人のガールズトークがスタート。

 江野沢は近況で「ファッションショーができなくなってしまうのがショックでした。歓声が感じられないって辛いんだなと。声の大きさで自分の気持ちもあがっていくんだなと感じることもあって」と話すと、MACOも「私もお客さんがいてこそのライヴだと思っていて。早く会いたいですね」と配信画面の前にいるファンに話しかけます。続けて、「存在」「この世界中で」「ありがとう」を披露。ゲストふたりにMACOから「〈この世界中で〉という曲は、お姉ちゃん夫婦の実話をもとに書いた曲です」とエピソードを公開。実話や実体験をもとにラヴ・ソングを作っていると明かし、その経験で生まれた「Dear Angel」「LOVE」を歌い上げます。江野沢は「『ドラ恋』撮影中にMACOちゃんの〈LOVE〉を聴いていて励まされていました。MACOちゃんのファンです!」と直接告白。さらに続いて、失恋をテーマにしたトークへ。「Kiss」「カタオモイ」「夢見る私を笑わないで」と切ない恋愛をテーマにした3曲を立て続けに披露。江野が「片思いのときの切ない気持ちが蘇ってきて、歌の力ってすごいなって改めて思いました。MACOちゃんの歌は自分の曲なんじゃないかな?って思うんです。自分のテーマソングのようになっているんです」とMACOの寄り添うように歌う生歌唱に感動をみせます。

 ガールズトーク・コーナーに戻ると、さらに突っ込んだトークが展開されます。結婚出産を経た横澤から江野沢とMACOに結婚願望があるか質問が及ぶと、ふたりとも結婚願望があることと理想のタイプの話へ。江野沢は「深夜にラーメンを食べても引かない人!(笑)」と話し、MACOは「この食器かわいいねと言いながらご飯を食べてくれる人!優しい人!一緒に“となりのトトロ”を観てくれる人!」と20代女子の理想を暴露。実は「好きな人と食べるご飯は高いものじゃなくていい!コンビニご飯でいい!」と江野沢とMACOに共通の意外な恋愛観が発覚する場面も。さらにはふたりの理想のプロポーズもガールズトークで明らかになりました。

 MACOから横澤へ結婚の決め手を尋ねると「サービスエリア巡りが趣味で、海老名サービスエリアを自分の庭のように話しているのが好きで決め手になりました!(笑)」と意外な結婚のきっかけを明らかに。歌唱パートでは、恋愛ソングの金字塔ともいえる「未来予想図II」をカバーで披露すると、「手紙」「メトロノーム」としっとりとMACOライヴ定番のラヴ・ソングをロマンティックに歌い上げました。最後は、10月23日に配信となったばかりの新曲「再恋愛」を遂にライヴで初披露。素朴な恋愛観をガールズトークで話してきたMACOの今の価値観が詰まった新曲に癒されるライヴとなりました。

 意外な3人の恋愛観が明らかになったガールズトークとライヴの盛り沢山の約2時間の配信ライヴは11月1日(日)19:00から見逃し配信も決定。MACO本人もチャットで参加します。

[コメント]
オンラインライヴが5回目にして、はじめてゲストで女の子に来てもらいました。
そして、それぞれ職種の違う夏子さんとまなみん。
歌と恋愛トークの融合がこんなに楽しいものなんだとびっくりしました。
時間があっという間過ぎて、まだまだ話していたかったです。
正直、画面を通して恋愛トークとなるとあまり上手く喋れない方なんですが、夏子さんとまなみんとならずっと本音で話せる気がしました。(笑)
お二人が目の前で、私の歌を優しい目で聴いてくれていたのが嬉しくて、緊張していつもより喉がギュッとしまったり、まなみんのエピソードに嬉しくて涙が出そうになったのもいい思い出です。
またこんな楽しいオンラインライヴがしたいし、また早く二人に会いたい気持ちでいっぱいです。

――MACO

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示




■2020年10月23日(金)配信開始
MACO
「再恋愛」

smr.lnk.to/Sairenai_WN

「Endless Love Tour 〜Girls Night〜」ライヴ見逃し配信
11月1日(日)19:00〜21:00
ネットチケット: 2,200円
※視聴ページは10月29日(木)18:30からアクセス可能
www.mahocast.com/maco
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015