ニュース

ボーイ・ジョージやサイモン・ル・ボンら参加、マーク・ロンソンの最新作が日本発売決定

マーク・ロンソン(MARK RONSON)   2010/08/10 14:11掲載
はてなブックマークに追加
ボーイ・ジョージやサイモン・ル・ボンら参加、マーク・ロンソンの最新作が日本発売決定
 ヒップホップの枠にとらわれないクロスオーヴァーなサウンドを生み出す、マーク・ロンソン(Mark Ronson)。リミキサーやプロデューサーとしても名を馳せる彼の最新ソロ・アルバム『レコード・コレクション(Record Collection)』(写真)が日本でも発売に。国内盤(SICP-2843 税込2,310円)は9月29日で、国内盤のみのボーナス・トラック追加も予定されています。

 以前に海外盤をお伝えしたように、本作は“マーク・ロンソン・アンド・ザ・ビジネス・インターナショナル(Mark Ronson and The Business Intl)”名義でのリリースで、前作『ヴァージョン』(2007年)以来、3年ぶりのリリース。先行シングルとしてiTunes(海外のみ)で発売されたQ-Tipらをフィーチャーした「Bang Bang Bang」や、ボーイ・ジョージカルチャー・クラブ)が参加した「Somebody To Love Me」ほか、サイモン・ル・ボンデュラン・デュラン)、ディアンジェロらをフィーチャリング・アーティストとして招いた楽曲を収録しています。

 公式サイト(http://www.markronson.co.uk/)ほかでは、新作からのビデオ・クリップも公開中。ファミコンの某有名アクションRPGを彷彿とさせる8ビット画が話題の「Circuit Breaker」、日本の特撮番組の変身シーンを彷彿とさせるシーンも登場する「Bang Bang Bang」と、日本人なら映像も気になる仕上がり。クリップのチェックもお忘れなく!




●『レコード・コレクション』

・Bang Bang Bang
・Somebody To Love Me
・Circuit Breaker
ほか
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015