ニュース

BLUE NOTEから松浦俊夫 presents HEXがデビュー! アルバムの全貌が明らかに

松浦俊夫   2013/10/22 15:17掲載
はてなブックマークに追加
 ロバート・グラスパーホセ・ジェイムズエルヴィス・コステロ&ザ・ルーツなど、ジャズという枠には収まらない、現代ジャズの可能性を世に問うような作品を次々と送り出しているブルーノート・レーベル。2014年の創立75年に先駆け、ここ日本からも、それに呼応するプロジェクト、松浦俊夫 presents HEXが、11月20日(水)発売のアルバム『HEX』(TYCJ-60019 税込2,835円)をもってデビューします。

 
 指揮をとるのは、クラブDJの松浦俊夫。DJユニット、United Future Organization(U.F.O.)のメンバーとして、1990年代初頭より日本のクラブ・シーンを牽引し、ジャズを踊る音楽として日本から世界へ発信し続けてきたシーンの重要人物。

 アルバムは、松浦のディレクションのもとオリジナル5曲と、ブルーノートのカヴァー3曲で構成。オリジナルは、ジャズで踊るダンサーたちのステップが目に浮かぶ「ジャズステップ」、クラブ・シーンでも人気の高いハービー・ハンコックのブルーノート・ナンバー「サコタッシュ」へオマージュを捧げた「スイート・フォー・ザ・ヴィジョナリー」、アラブ風メロディのワルツからドラムンベースの強力なビートに変化する「ダハシュール・ワルツ」、U.F.O.の名曲「コズミック・ジプシー」を想起させるブラジリアン・フレーヴァーの「トロピカリア 14」など、聴く者の五感を存分に刺激するナンバーが満載です。

 また、松浦のDJならではのアンテナによりオファーした、3人の個性豊かなゲスト・ヴォーカリストを迎えたブルーノートのカヴァーも話題。EGO-WRAPPIN'中納良恵は、ブルーノートの名ピアニスト、ホレス・シルヴァーが1962年に発表した「ザ・トーキョー・ブルース」に、新たに日本語詞を書き下ろし「オーサカ・ブルース」としてカヴァー。そして、先日の来日公演も好評だったブラジルの巨漢グル―ヴ・マスター、エヂ・モッタは同曲をホレス自身が書いたオリジナル英語詞で歌っています。なお、この2曲には東京スカパラダイスオーケストラからNARGOGAMOのホーンが加わり華を添えています。さらに、ブルックリンを拠点とする注目の叙情派シンガー・ソングライターのグレイ・レヴァレンドが、ヴィブラフォン奏者ボビー・ハッチャーソンの1969年発表の『ナウ!』に収録されたスピリチュアルでフォーキーな「ハロー・トゥ・ザ・ウィンド」を浮遊感あふれるヴォーカルでカヴァー。アルバムの出来栄えを絶賛したジャイルス・ピーターソンが、自らホストを務めるイギリスのBBC Radio 6『ワールドワイド』でアルバムから2曲を先行オンエアするなど、早くも世界的な注目を集めています。

 かつて80年代末にケニー・ドーハムの「アフロディジア」がロンドンのダンス・フロアを沸かせたように、ブルーノートとクラブ・シーンは強い関係を築いてきました。それから四半世紀経った2013年、その最新形をHEXが東京から世界に向けて発信!アルバム発売に先駆け、11月1日(金)に東京・恵比寿 LIQUIDROOMにて開催される、ジャイルス・ピーターソンとJ-WAVEとタッグを組んで送る音楽の祭典〈WORLDWIDE SHOWCASE〉にて、初のライヴ・パフォーマンスを世界初披露。見逃せません!

■2013年11月20日発売
松浦俊夫 presents HEX
『HEX』

TYCJ-60019 税込2,835円

[収録曲]
01. ジャズステップ
02. スイート・フォー・ザ・ヴィジョナリー
03. アンセンサード・ラヴ・トランスミッション
04. ハロー・トゥ・ザ・ウィンド feat. グレイ・レヴァレンド
05. オーサカ・ブルース feat. 中納良恵(EGO-WRAPPIN')
06. ダハシュール・ワルツ
07. トロピカリア14
08. トーキョー・ブルース feat. エヂ・モッタ

[HEX]
佐野観(key, prog)
みどりん(SOIL&“PIMP”SESSIONS)(ds)
伊藤志宏(p)
小泉P克人(b)
松浦俊夫(produce)
zAk(Audio Recorded, Edited & Mixed)

[ゲストヴォーカル]
中納良恵(EGO-WRAPPIN')
エヂ・モッタ
グレイ・レヴァレンド

※先行シングル「オーサカ・ブルース」はiTunes Storeにて10月30日配信予定。

[ライヴ・スケジュール]
J-WAVE 25th Anniversary
Gilles Peterson's WORLDWIDE SHOWCASE 2013
〜magic no.9〜

2013年11月1日(金)
東京 恵比寿 LIQUIDROOM
開場 / 開演 18:30

[公演詳細]
wwww.j-wave.co.jp/topics/1309_wwsc.htm
www.shalala-file.net/rejoice/
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015