ニュース

映画『そばかす』予告編&ヴィジュアル公開 主題歌「風になれ」を主人公の三浦透子が歌うことに

三浦透子   2022/09/14 12:15掲載
はてなブックマークに追加
映画『そばかす』予告編&ヴィジュアル公開 主題歌「風になれ」を主人公の三浦透子が歌うことに
 監督に自身の劇団「玉田企画」の作・演出を担う俊英として注目の玉田真也、主演に2021年公開の『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督)でヒロインを務め、第45回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し、目覚ましい活躍をみせている三浦透子を迎え、“恋愛至上主義”がまん延する世界で、他人に恋愛感情を抱かない主人公が「自分は何者で、自分の幸せは何なのか」を発見していく姿を描いた映画『そばかす』が、12月16日(金)より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。

 今回、本作の予告ヴィジュアルが公開され、主題歌を主人公・蘇畑佳純演じる三浦透子が歌うことが発表。主題歌「風になれ」は、独特かつ大きな世界観が注目されているバンド、羊文学のヴォーカル&ギター担当の塩塚モエカが担当。楽曲のアレンジは音楽プロデューサーのESME MORI(エズミ・モリ)が手掛けており、主人公の心情が、エモーショナルで爽快感たっぷりに表現されています。

 公開された予告映像では、“恋をしたこともない”“この先もしない”主人公の佳純(三浦透子)が、結婚を急かす母(坂井真紀)、バツ3の祖母(田島令子)、もの静かな父(三宅弘城)、妊娠中の妹(伊藤万理華)……など家族や周りの人たちに“恋とか愛に”振り回され、家族から責められるも「これが私だから」と伝える佳純。そんな折に元AV女優の同級生(前田敦子)や、地元の友達、母から無理やりセッティングされたお見合い相手らと出会い、彼らと交わる中で、自分の性や心と向き合い、悩み、前に進んでいく佳純が映しだされています。

 また、後半の予告映像で流れている楽曲は、歌手としてもその歌声が高い評価を受けている三浦透子が歌う主題歌「風になれ」です。楽曲を提供するのは、感度の高い若年層から今急速に支持を集めるバンド・羊文学の塩塚モエカ。彼女たちの、柔らかくも瑞々しい、独自の世界観を作る曲と詞の世界が、本作にとてもマッチしている歌となっています。公開されたレコーディング映像の一部では、三浦透子が「私にとってチャレンジな曲だけど風がふくように歌いたい」と語り、主題歌にかける思いがわかる内容となっています。

 さらにヴィジュアルでは佳純が目をつむり、タバコを手に気持ちを落ち着かせるようなどこか清々しさを漂わせる彼女の感情を表したような絶妙な表情となっています。「今までを全部抱きしめて。進め、自分」というキャッチコピーは「自分を応援する」というポジティブさが感じられます。

[コメント]
映画を観たひとの帰り道に、気持ちいい風が吹く、そんな楽曲が出来上がったと思います。作品に対する私の思いを沢山きいてくださり、そして何度も何度も繰り返し映画を観て、作ってくださいました。塩塚さんのデモ、そしてエズミさんのアレンジを聴いたとき、この映画に対するリスペクトや愛情を感じ、本当に感動したのを覚えています。大切な作品の為の曲を、お二人と共につくることが出来て良かったと心から思っています。
改めて、この場を借りて感謝申し上げます。是非沢山の方に劇場で聴いていただきたいです。

――三浦透子

初めて透子さんの声を聞いたとき、伸びやかで、心にすっと入り込む歌声に魅了されました。「風になれ」は、傷つきながらも、自分を見つめ続ける主人公の背中を押すような気持ちで書きました。エンドロールの暗闇の中で、映画の思い出を振り返り、佳純の未来をイメージするのにぴったりな曲ができました。編曲のエズミさん、プレイヤーの皆さんへもリスペクトと感謝を送ります。貴重な時間をありがとうございました。
――塩塚モエカ(羊文学)

塩塚さんの美しいデモを聴いた時、三浦さんの透明な歌声をレコーディングスタジオで聴いた時の2回、これは自分にとって大切な曲になると確信したのを覚えています。映画のエンディングを繰り返し観て、歌と映像に合うアレンジをひたすら試行錯誤しながら編んでいきました。具体的に意識したわけではないのですが、塩塚さんに「風の音を入れてくださったんですね!」と言っていただいたのが嬉しかったです。たぶん歌と言葉が、そのような音を呼んだのだと思います。この素晴らしい映画と主題歌が、皆さまのもとに届くのを楽しみにしております!
――音楽プロデューサー: ESME MORI




©2022「そばかす」製作委員会

『そばかす』
2022年12月16日(金)より東京 新宿武蔵野館ほかにて全国公開
notheroinemovies.com
配給: ラビットハウス
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015