ニュース

持田香織(Every Little Thing)が7年ぶりの新作『てんとてん』を発売

持田香織   2018/12/19 15:14掲載
はてなブックマークに追加
持田香織(Every Little Thing)が7年ぶりの新作『てんとてん』を発売
 2019年1月にソロ活動10周年を迎える持田香織Every Little Thing)が、12月18日に愛知・名古屋 マリオットアソシアホテルにてディナー・ショー〈持田香織 Premiun Christmas Dinner Show 2018〉を開催。公演中に、7年ぶりの新作となるミニ・アルバム『てんとてん』を2019年2月27日(水)にリリースすることを発表しました。

 イベントでは、ソロ楽曲「sora」や「静かな夜」、アレンジを加えたEvery Little Thingのヒット曲「Time goes by」、カヴァー曲などに加えて、アルバム表題曲「てんとてん」も披露しました。

拡大表示拡大表示

 本作に収録される全5曲は鈴木正人LITTLE CREATURES)がプロデュースを担当。持田本人の作詞に加え、Kan Sanoによる書き下ろし楽曲や、さらにLITTLE CREATURESプロデュース曲も収録されます。持田香織は「気が付けば、1枚目のソロ・アルバムを出してから10年が経っておりました。これは何がしかのお祝いをせねばと皆々様にお力添えをお願い致しました」と語り、また「ぜひとも聴いてみてほしい作品が出来上がりました」とコメントしています。

 2019年3月からは、全国ツアー〈KRASYS presents 持田香織10周年記念コンサートツアー2019「てんとてん」〉の開催も決定しており、10周年を記念した期間限定Instagram @1oto1oも開設されています。

拡大表示拡大表示

気が付けば、1枚目のソロアルバムを出してから10年が経っておりました。これは何がしかのお祝いをせねばと皆々様にお力添えをお願い致しました。本当に夢のような出来事です。夢ならば醒めないで。笑笑
ぜひとも聴いてみてほしい作品が出来上がりました。そしてなんと、これをまた引っさげてのツアーも決まり喜びはひとしおです。皆様に逢えることを心待ちにしております。
まずは、このアルバムを!!

――持田香織

■2019年2月27日(水)発売
持田香織
てんとてん

CD AVCD-96210 2,300円 + 税

[収録曲(予定)]
・てんとてん
・そりゃ喧嘩もしますし
・Enseigne'dangle
・あたらしき夜
・君と僕の消失点

KRASYS presents 持田香織10周年記念コンサートツアー2019「てんとてん」
3月15日(金)新潟 新潟LOTS
3月17日(日)広島 BLUE LIVE広島
3月23日(土)神奈川 横浜ランドマークホール
3月24日(日)沖縄 沖縄桜坂セントラル
3月30日(土)愛知 名古屋インターナショナルレジェンドホール
4月6日(土)大阪 梅田CLUB QUATTRO
4月9日(火)福岡 福岡イムズホール
4月14日(日)宮城 仙台PIT
4月20日(土)東京 ヒューリックホール東京
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015