ニュース

ももいろクローバー、東京・護国寺でミニ・ライヴ&豆まき!

ももいろクローバー   2011/02/04 15:19掲載
はてなブックマークに追加
ももいろクローバー、東京・護国寺でミニ・ライヴ&豆まき!
 人気アイドル・ユニット、ももいろクローバー百田夏菜子早見あかり玉井詩織佐々木彩夏有安杏果高城れに)が、節分の日の3日、東京・文京区の護国寺でミニ・ライヴ&豆まきを行ないました!

 同寺での毎年恒例の行事「護国寺節分会」に参拝者やファンなど約1,500人が詰めかける中、ももクロは、観音堂(本堂)前をステージにしてミニ・ライヴを開催。メジャー・デビュー曲「行くぜっ!怪盗少女」をはじめ、3月9日発売の新曲「ミライボウル」(TVアニメ『ドラゴンクライシス!』ED主題歌)、同カップリング曲「Chai Maxx」の全3曲を熱唱しました!


ももいろクローバー


 リーダーの百田は「ふだんのステージとは違って、今日は花道があったので、その花道を使って歌おうということになったのですが、最初、リハーサルでは3人しかいなくて、あとで6人で合わせることができなかったためちょっと不安でした。でも、本番は団結して歌うことができ、びっくりするくらいきれいに6人決めるところも決まり、花道の遠くまで行くことができて楽しかったです。豆まきは、毎年、うちでやっていますが、去年は私が鬼役をやったらお兄ちゃんや弟からめっちゃ豆を投げられて、鍵を閉められて外に出され、投げられるだけ投げられたんですけど、今年は鬼役がお兄ちゃんなので、今年はおもいっきり投げたいなと思います」とニッコリ。

 また、初めての豆まきイベントについて有安は「今年もいろんなイベントがあって、こうしてたくさんの記者の方が集まってくださったりして、一歩一歩、進んでいるんだなと感じていますので、豆まきができるのがうれしいです」と語っていました。

 その後、同じキングレコードに所属する歌手、角川博、山本あき、そして時津風親方、豊ノ島関、今年の年男&年女ら大勢の参列者たちと一緒に、メンバー全員が、裃(かみしも)姿で月光殿から本堂までを練り歩き、本堂で大護摩法要。

 ファイナルは、同イベントのメインとなる豆まき式が行なわれ、特設の花道から参列者たちが「鬼は外〜!」「福は内〜!」と大きな掛け声を上げながら一斉に福豆をまき、大盛況のうちに幕を下ろしました!


ももいろクローバー
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015