ニュース

ミュートイド・マン、単独ヘッドライン・ショウの開催が決定

ミュートイド・マン(MUTOID MAN)   2017/12/08 12:21掲載
はてなブックマークに追加
ミュートイド・マン、単独ヘッドライン・ショウの開催が決定
 2018年1月に開催される〈leave them all behind 2018〉出演のためスリープと共に来日する、スティーヴン・ブロッズキー(ケイヴ・イン)とベン・コラー(コンヴァージ, オール・ピッグズ・マスト・ダイ)が結成したパワー・トリオ、ミュートイド・マン(MUTOID MAN)が、1月14日(日)東京・新代田 Feverにて単独ヘッドライン・ショウを開催します。サポート・アクトはENDONDISGUNDERの2組。

 同公演は、1月13日に東京・下北沢 Gardenで開催されるミュートイド・マン唯一の東京公演だった〈leave them all behind 2018〉のソールド・アウトを受けて決定したもの。結成からわずか4年で3枚のアルバムを発表。今年6月リリースのアルバム『ウォー・モウンズ』に参加したマーティ・フリードマンが「クッソかっこいい!」と激賞する、ヘヴィなサウンドにポップなメロディをまとったユニークな音楽が楽しめること必至です。

leave them all behind 2018 extra
one-off headline show MUTOID MAN with ENDON, DISGUNDER


2017年1月14日(日)
東京 新代田Fever
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: Fever 03-6304-7899
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015