ニュース

中島みゆきがベスト選曲ライヴ・アルバムと〈夜会工場〉映像作品を同時リリース

中島みゆき   2018/12/19 12:09掲載
はてなブックマークに追加
中島みゆきがベスト選曲ライヴ・アルバムと〈夜会工場〉映像作品を同時リリース
 昨年42thアルバム『相聞』を発表した中島みゆきが、ライヴ・アルバム『中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』(初回盤 CD + DVD YCCW-10352〜B 4,500円 + 税 / 通常盤 CD YCCW-10353 3,000円 + 税)と映像作品『夜会工場 VOL.2』(Blu-ray YCXW-10013 9,000円 + 税 / DVD YCBW-10086 8,000円 + 税)を12月19日(水)に同時リリース。

 『中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』は、代表曲「糸」「時代」をはじめ「世情」「愛だけを残せ」「夜行」など、これまでに発売された3枚のライヴ・アルバム『歌旅』(2008)、『縁会』(2014)、『一会』(2016)には収められていない楽曲を〈歌旅〉〈縁会〉〈一会〉の3公演からセレクトして収録したライヴ・ベスト・アルバム。初回盤特典のDVDには、「ホームにて」「蕎麦屋」「EAST ASIA」の未公開ライヴ映像が収録されています。発売に合わせ、初回盤DVDのダイジェスト映像が公開中。


 『夜会工場 VOL.2』は、原作・作詞・作曲・主演をすべて自身でこなし、ライフワークに位置付けるステージ〈夜会〉の名場面を中島自らのナビゲートで再現するコンサート〈夜会工場〉を初めて映像作品化したもの。昨年11月から今年2月にかけて開催され、1989年の初回〈中島みゆき「夜会」〉から2016年の〈夜会 VOL.19「橋の下のアルカディア」〉までの名場面を中村 中、石田 匠ら個性派キャストを迎えて振り返った〈夜会工場 VOL.2〉の模様が収められています。同作からは、発売に先駆けてトレーラー映像が公開中。

 詳しくは両タイトルの特設サイトにてご確認ください。



■2018年12月19日(水)発売
中島みゆき
『中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』

初回盤 CD + DVD YCCW-10352〜B 4,500円 + 税
通常盤 CD YCCW-10353 3,000円 + 税

[収録曲]
01. もう桟橋に灯りは点らない
02. ピアニシモ
03. 糸
04. 時代
05. 愛だけを残せ
06. ララバイSINGER〜アザミ嬢のララバイ
07. あした
08. 唇をかみしめて
09. 世情
10. 風の笛
11. 夜行
12. ジョークにしないか

01, 02, 11, 12: 〈中島みゆき「一会(いちえ)」2015〜2016〉より
03, 06, 08: 〈歌旅 -中島みゆき コンサートツアー2007-〉より 
04, 05, 07, 09, 10: 〈中島みゆき 縁会 2012〜3〉より


[初回盤DVD]
01. ホームにて
02. 蕎麦屋
03. EAST ASIA

〈歌旅 -中島みゆき コンサートツアー2007-〉より

■2018年12月19日(水)発売
中島みゆき
『夜会工場 VOL.2』

Blu-ray YCXW-10013 9,000円 + 税
DVD YCBW-10086 8,000円 + 税


[収録曲]
第1幕
01. 二雙(そう)の舟(Inst.)
02. 泣きたい夜に
03. Maybe
04. LA-LA-LA
05. 熱病
06. 最悪
07. EAST ASIA
08. 船を出すのなら九月
09. 南三条
10. 子守歌(Inst.)
11. 羊の言葉
12. 愛から遠く離れて

Poem 1. 谷地眼(やちまなこ)
Poem 2. 傷

13. 朱色の花を抱きしめて
14. 陽紡ぎ唄
15. 帰れない者たちへ
16. フォーチュン・クッキー
17. 我が祖国は風の彼方

第2幕
18. 百九番目の除夜の鐘
19. 海に絵を描く
20. 彼と私と、もう1人
21. ばりほれとんぜ
22. 1人で生まれて来たのだから
23. すあまの約束
24. 袋のネズミ
25. 毎時(まいじ)200ミリ
26. 思い出させてあげる
27. 旅人よ我に帰れ(幸せになりなさい)
28. あなたの言葉がわからない
29. 産声
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015