ニュース

NILE、TRIPTYKON、OBSCURA出演!〈EXTREME the DOJO Vol.25〉開催!

ナイル(NILE)   2010/03/12 15:05掲載
はてなブックマークに追加
 エクストリーム・ミュージック・ファン参加必須の激音饗宴<EXTREME the DOJO>。早くも<Vol.25>の開催が決定!6月2日(水)大阪、6月3日(木)名古屋、6月4日(金)東京の全3都市3公演が行なわれます。今回のラインナップも強力至極!

 古代エジプト狂のド変態としてだけではなく、1990年代を代表するブルータル・デスメタル重鎮として君臨するNILE(ナイル)!最新作『Those Whom The Gods Detest』を引っさげての再降臨!こちらの作品は邦題『神に嫌われし者たち』として国内盤(YRCG-90037 2,625円)が4月21日発売。熟聴して臨むべし!

 HELLHAMMER(ヘルハマー)CELTIC FROST(セルティック・フロスト)〜APOLLYON SUNを率いた瑞暗黒鋼鉄神、Thomas Gabriel Fischer aka “Warrior”。彼の現在をすべて注ぎ込んだ新バンド、TRIPTYKON(トリプティコン)が早くも来日!2007年〈EXTREME the DOJO Vol.16〉にてCELTIC FROSTを率い奇跡の初来日を果たしたTom G.、彼にまた会える!6月までに“ウッ!”“ヘ〜〜イ!”の合いの手訓練は必須。TRIPTYKONデビュー作『Eparistera Daimones』(写真)は国内盤(VICP-64816 税込2,625円)が4月21日発売。全暗黒メタル・ファン必聴です!

 プログレッシヴ・デスメタル・ファン垂涎、NECROPHAGIST(ネクロファジスト)のメンバーも擁する独テクニカル集団、OBSCURA(オブスキュラ)。ブルータルなデスメタル・スピリットを失わず、スペイシーなプログレッシヴネスを展開するセンスはまさに驚異!全世界のプログ・デスメタル・ファンを狂喜させた2ndアルバム『Cosmogenesis』、その原点が詰まった1stアルバム『Retribution』(Relapseより豪華新装版が発売中)を聴いて予習すること!


<EXTREME the DOJO Vol.25>

・6月2日(水)大阪 心斎橋 CLUB QUATTRO
開場 18:00 / 開演 18:45
前売 7,500円 / 当日 8,000円(1ドリンク付)
お問い合わせ: SMASH WEST 06-6535-5569

・6月3日(木)名古屋 CLUB QUATTRO
開場 18:00 / 開演 18:45
前売 7,500円 / 当日 8,000円(1ドリンク付)
お問い合わせ: JAIL HOUSE 052-936-6041

・6月4日(金)東京 渋谷 O-EAST
開場 18:00 / 開演 18:45
前売 7,500円 / 当日 8,000円(別途ドリンク代)
お問い合わせ: SMASH 03-3444-6751
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015