ニュース

多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouonがアルバム・リリース計画を発表

nouon   2015/07/17掲載(Last Update:15/08/05 19:36)
はてなブックマークに追加
多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouonがアルバム・リリース計画を発表
 ヴィブラフォン奏者の山田あずさとピアニストのケビン・マキュー、コントラバス / クラリネット奏者のヒュー・ロイド、ドラムの山本淳平による多国籍インストゥルメンタル・バンド、nouon(のうおん)がこの秋にリリースする1stアルバムのレコーディング計画を発表しました。また、このアルバムのリリース記念ライヴは10月9日(金)に東京・代官山「山羊に、聞く?」で開催することが決定しています。

 ユニークな楽器編成とサウンドの組み合わせが独自の音楽世界を表現するnouon。日・米・英の演奏者からなる強みを生かして、海外公演の実現を目指すとともに、多くの人に作品を届けるため、ファースト・アルバムの制作をスタートさせました。2015年の秋にリリース予定で、ただいま絶賛レコーディング中!

 現在、nouonのWEBサイトでは、このレコーディングのためのドネーションを募るスペシャル・サイトを公開中。発売前に完成アルバムが届けられ、リリース記念ライヴに招待されるなどの特典も用意されています。詳しくはnouonサイトをご覧ください。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015