ニュース

ピアニスト / 編曲家の岡城千歳、坂本龍一トリビュート・アルバム第3弾をリリース

岡城千歳   2018/11/28 12:21掲載
はてなブックマークに追加
 これまでに『坂本龍一ピアノワークス1&2』『チャイコフスキー「悲愴」交響曲ピアノ編曲』『マーラー「巨人」交響曲ピアノソロ編曲』『ビートルズピアノトランスクリプション』などの話題作を発表してきたピアニスト / 編曲家 / 音楽プロデューサーの岡城千歳が、ピアニストとして15年ぶりとなる復帰作『坂本龍一ピアノワークス3、トリビュートアルバム In Appreciation & Admiration』(KKC-4149 オープン価格)を11月20日(火)にリリース。岡城による公式トレイラー映像がYouTubeで公開されたほか、岡城自身による坂本龍一との出会いのきっかけも交えたコメントも公開されています。

 本作は、岡城がこれまでにリリースしてきた『坂本龍一ピアノワークス1&2』に続くシリーズ第3弾となるもの。岡城自ら坂本本人に企画を説明、許諾を得たうえで独自のアプローチで編曲・演奏しています。3曲目を除き、2004年に長野県文化会館ホクトホールでのライヴ音源を収録しており、岡城の自主レーベル“Château”(輸入・販売はキングインターナショナル)からのリリースです。

 アルバムのメインは、4曲目に収録されている「ブリッジ」。2003年より充電期間に入っていた岡城をことあるごとに勇気づけたという作品で、“山本耀司1995年秋冬プレタポルテのパリ・コレクションショー”のために坂本が作曲した、30分もの長さのピアノ曲の大作です。3曲目には、今回のアルバムのために岡城が「ブリッジ」をモチーフに新制作し、坂本へ献呈した「坂本龍一へのオマージュ、グレイテスト・アーティスト」を収録しています。そのほか、サントリーオールドのCMソング「Dear Liz」や、1990年に公開された映画『シェルタリング・スカイ』のオリジナル・サウンドトラックに収録されていた「Loneliness」、ゲーム機ドリームキャストのゲーム『L.O.L.(LACK OF LOVE)』で坂本が楽曲提供した「Dream」など、坂本のさまざまな作品からセレクトされた全9曲を収めています。アルバムのマスタリングでは、坂本に全曲聴いてもらったうえで直接アドバイスをもらいながら作業を進めるなど、拘りのある仕上がりです。

 岡城は「新譜CDに入っているライブ録音の〈ブリッジ〉は実は日本初演時のものです。私にとっての〈ブリッジ〉は涙。活動休止中に聴いていた、つらい時に私を救ってくれた曲。だから彼へのオマージュの新曲も創って、トリビュートアルバムにして復帰したかった」と本作への思いを語り、坂本は本作のライナーノーツで「自分の音楽が違う衣装を着て、別な表情でぼくの前に現れたので、とても新鮮でした」と推薦コメントを寄せています。なお、この坂本の推薦コメントは、坂本以外の演奏スタイルを作曲家自ら公式に承認したものとして、初出となります。

坂本さんに初めて出会ったのは、私が当時所属していたレコード会社の社長のご紹介でした。それから坂本さんのお子様にピアノをお教えしたりしていましたけど、とってもやさしいパパっていう印象でした。坂本さんのコンサートにも日本では勿論NYでもたくさん行きました。NYのほうがコンサートで坂本さんとの距離が近く、盛り上がり方がすごくてとても感銘を受けたんです。それから彼の音楽にはまってしまって。

私の新譜CDに入っているライブ録音の「ブリッジ」は実は日本初演時のものです。私にとっての「ブリッジ」は涙。活動休止中に聴いていた、つらい時に私を救ってくれた曲。だから彼へのオマージュの新曲も創って、トリビュートアルバムにして復帰したかった。長年抱えていた音の悩みに関しての相談メールを彼にしたこともあります。今年4月には彼の映画「CODA」をNYのトライベッカ映画祭の初演時に見て、その後少しだけお目にかかれました。あの映画の中の「戦メリ」に泣きました。ああいう風な一音でも深い音を目指したいなって。「豆腐を切るように弾く」っていう表現を彼がしていたのを読みましたが、その境地をこれから目指したいと思っています。

――岡城千歳



■2018年11月20日(火)発売
岡城千歳
『坂本龍一ピアノワークス3、トリビュートアルバム In Appreciation & Admiration』

KKC-4149 オープン価格

[収録曲]
01. Dear Liz
02. 青猫のトルソ
03. 坂本龍一へのオマージュ、グレイテスト・アーティスト
ハープ、チェレスタ、プリペアド・ピアノ、マリンバ、微分音のための「ブリッジ」のモチーフによる主題と変奏
04. ブリッジ - Music for Yohji Yamamoto Collection 1995 (1995年秋冬プレタポルテの山本耀司パリコレクション)
05. Loneliness from "The Sheltering Sky"
06. ゴリラがバナナをくれる日
07. Dream from "Lack of Love"
08. Yamazaki 2002
09. Career Girl


[演奏]
岡城千歳(p)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015