ニュース

ワン・ダイレクション、ワールド・ツアー〈TAKE ME HOME TOUR 2013〉がスタート!

ワン・ダイレクション   2013/02/28 13:57掲載
はてなブックマークに追加
ワン・ダイレクション、ワールド・ツアー〈TAKE ME HOME TOUR 2013〉がスタート!
 世界中で一大センセーションを巻き起こしているワン・ダイレクション(One Direction、1D)。先日行なわれた〈ブリット・アワード2013〉では、最も世界的な成功をおさめたイギリスのアーティストに贈られる「グローバル・サクセス賞」を受賞、同授賞式で披露されたチャリティ・シングル「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」は全英シングル・チャートはもとより、世界65ヵ国のiTunesで1位を獲得するという世界的ヒットを記録している彼ら、2日間で4公演開催、計8万人を動員したロンドンO2アリーナ公演より、11月2日(土)、3日(日)に幕張メッセで行なわれる来日公演まで続く、ワールド・ツアー〈TAKE ME HOME TOUR 2013〉がスタート! 徹頭徹尾楽しく、大規模で壮大なパフォーマンスと演出で、観客を熱狂の渦へと誘います!

 ロンドンO2アリーナ公演では、客席で掲げられた国旗などからも察することができるように、イギリス国内にとどまらず、スウェーデン、イタリア、メキシコなど世界各地から、ティーンエイジャーの女の子に加え、5歳くらいの男の子から20代後半の女性たちまで、1Dらしい広いファン層が集結。会場を埋め尽くす。

 ホーム・パーティをおさめたイントロ・ビデオが流れた後、ライヴは1stアルバム『アップ・オール・ナイト』のタイトル・ソングからスタート。フル・バンドの演奏をバックに、リアムから順に1人ずつメンバーが登場すると、2万人の観客からアリーナを揺るがすほどの大歓声が上がり、1Dのメンバー5人はカラフルでポップなイメージが映し出される巨大なスクリーンを背景に、プラットフォームによって2段に分かれたステージをところ狭しと駆け回る!

 イントロ・ビデオに続くパーティ・モードで「アイ・ウッド」「ハート・アタック」「ラヴド・ユー・ファースト」などの2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』からのアップ・テンポなトラックを続々とパフォーマンス。また「モア・ザン・ディス」や「ワン・シング」などの1stアルバムを代表する楽曲では大合唱で盛り上がり! オーディエンスだけでなく、メンバー自身がこのパーティを楽しんでいる様子がビッグ・スクリーンに映し出される。

 パーティ翌朝、片づけを終え街に繰り出す5人のビデオが流れた後の2部では、ステージに設置されたプラットフォームがワイヤーで引き上げられ、その上に立つメンバーが観客の上を通過するかたちで会場中央に用意された2つ目のステージへ移動。「ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス)」で再び会場の熱気はピークに! また、会場にいる人たちからtwitterに寄せられたQ&Aコーナーでは、「好きなサンドイッチの中身は?」「ベスト・ダンサーは誰?」などの質問に答えるなど、ファンとのコミュニケーションの時間も!

 最強のセットリストと、より一段とパワーアップしたパフォーマンス、全ての面で昨年のツアーよりもさらにビッグで楽しく、エンタテインメントに溢れ、5人の魅力をあますことなく感じることができる2時間となっている〈TAKE ME HOME TOUR 2013〉。今後はUK各地、ヨーロッパ、北米、オーストラリア / ニュージーランドを廻った後、11月に日本へ上陸。また、来日公演直前の11月1日(木)には映画『ワン・ダイレクション 3Dムービー』の日本公開も控えています!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015