ニュース

デビュー25周年を迎えた大西順子がセルフ・プロデュースによる2作品を同時リリース

大西順子   2017/11/15 13:35掲載
はてなブックマークに追加
 2017年にデビュー25周年を迎えたジャズ・ピアニストの大西順子が、8年ぶりとなるピアノ・トリオ作品『Glamorous Life』(SCOL-1025 2,778円 + 税)と自身初のバラッド集『Very Special』(SCOL-1024 2,778円 + 税)の2作品を11月15日(水)に同時リリース。

 大西は1992年にアルバム『ワウ』でデビュー。トップ・ピアニストとして日本のジャズ・シーンを牽引し、第一線で活躍するも、2012年に引退宣言。翌年の一夜限りの復活を経て、2015年9月に〈東京JAZZ〉で復帰。2016年には菊地成孔のプロデュースによるアルバム『Tea Times』をリリースして話題となりました。

 『Glamorous Life』はピアノ・トリオ作品としては2009年リリースの『楽興の時』以来8年ぶり。ベースに井上陽介、ドラムに高橋信之介を迎え、オリジナル曲のほかウェザー・リポートオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドらのカヴァーを収録。タイトルは“魅力的で充実した人生”の意。

 一方、初バラッド集『Very Special』は、彼女が10年以上も前から温め続けていた楽曲をセレクト。ゲストにホセ・ジェイムズ(vo)や馬場孝喜(g)らを迎え、また気鋭の作編曲家、挾間美帆がアレンジを担当するなど、コラボレーションも楽しめる内容となっています。

 また、大西はリリース・ツアー〈Very Glamorous Tour〉を開催。11月16日(木)、17日(金)、18日(土)愛知・名古屋 Jazz in LOVELY、2018年1月25日(木)大阪・梅田 BillboardLive OSAKA、2月7日(水)から9日(金)まで東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、2月23日(金)愛知・名古屋 BLUE NOTEの8公演が発表されています。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

■2017年11月15日(水)発売
大西順子
GLAMOROUS LIFE

SCOL-1025 2,778円 + 税

[収録曲]
01. ESSENTIAL
02. GOLDEN BOYS
03. A LOVE SONG (A.K.A KUTOUBIA)
04. ARABESQUE
05. TIGER RAG
06. ALMOST LIKE ME
07. HOT GINGER APPLE PIE
08. FAST CITY
09. 7/29/04 THE DAY OF

[演奏]
大西順子(p)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)


■2017年11月15日(水)
大西順子
Very Special

SCOL-1024 2,778円 + 税

[収録曲]
01. Very Special〜Intro〜
02. I Cover The Water Front
03. Lush Life
04. Easy To Love
05. 舟歌
06. 柳の歌
07. Comecar De Novo (The Island)
08. A Flower Is A Love Something
09. How Do You Keep The Music Playing
10. After The Love Has Gone
11. Very Special〜Outro〜

[演奏]
大西順子(p, rhodes)
馬場孝喜(g)
ホセ・ジェイムズ(vo)
森 卓也(cl)
佐藤芳恵(b-cl)
井上陽介(b)
高橋信之介(ds)
狭間美帆(アレンジ)


大西順子「Very Glamorous Tour」

2017年11月16日(木) / 17日(金) / 18日(土)
愛知 名古屋 Jazz in LOVELY

2018年1月25日(木)
大阪 梅田 BillboardLive OSAKA

2018年2月7日(水) / 8日(木) / 9日(金)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO

2018年2月23日(金)
愛知 名古屋 BLUE NOTE

※お問い合わせ: 大西順子オフィシャル・サイト
junkoonishi.runinc.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015