ニュース

まもなくジャパン・ツアーがスタートするパット・メセニー、アルバム2作品同時リリース

パット・メセニー   2016/05/13 14:18掲載
はてなブックマークに追加
まもなくジャパン・ツアーがスタートするパット・メセニー、アルバム2作品同時リリース
 20度のグラミー賞受賞歴を誇るギター・レジェンド、パット・メセニー(Pat Metheny)。まもなくワールド・プレミアの新プロジェクトによるジャパン・ツアーが開催されるなか、新作の『ユニティ・セッションズ』(WPCR-17272〜3 3,000円 + 税)とクオン・ヴー『ミーツ・パット・メセニー』(WPCR-17275 2,400円 + 税)の2作品が同時リリースされました。

 『ユニティ・セッションズ』は前作『KIN(←→)』のレパートリーを中心に、2014年に行なわれたワールド・ツアーで絶賛を浴びた演奏をスタジオ・ライヴという形で再現したもの。クリス・ポッター(sax, cl, ft, g)、アントニオ・サンチェス(ds)、ベン・ウィリアムス(b)、ジュリオ・カルマッシ(p, vo, fgh etc)によるユニティ・グループの充実した演奏が2枚組アルバムに収録されています。

 『ミーツ・パット・メセニー』は、パット・メセニー・グループで活躍したベトナム出身のトランペッター、クオン・ヴーが武石 務(b)とテッド・プア(ds)と組むトリオによるノンサッチ移籍第1弾となるアルバムで、メセニーが全面的に参加しています。

 
 また5月16日(月)〜17日(火)、愛知・名古屋 BLUE NOTE公演を皮切りに新プロジェクトによるジャパン・ツアーがスタート。5月18日(水)大阪・サンケイホールブリーゼ、5月25日(水)東京・新宿文化センター、5月20日(金)〜24日(火)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOで行われます。共演メンバーは、映画『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のサウンドトラックでグラミー賞を受賞、ユニティ・グループにも参加し、メセニーが最も信頼を寄せるミュージシャンのひとり、アントニオ・サンチェス。中国系の両親のもとマレーシアに生まれ、オーストラリアで育ち近年のニューヨーク・ジャズ・シーンでアクティヴに活動を続けているベーシストのリンダ・オー。そしてUKジャズ界で活躍するピアニスト、グウィリム・シムコック。世界初公開となる本ツアーは世界中の注目を集めています。また公演特設サイト(www.creativeman.co.jp/artist/2016/05patmetheny)には貴重なパット・メセニーのコメントが掲載されています。

■2016年5月11日(水)発売
パット・メセニー
『ユニティ・セッションズ』

WPCR-17272〜3 3,000円 + 税

[disc 1]
01. ADAGIA
02. SIGN OF THE SEASON
03. THIS BELONGS TO YOU
04. ROOFDOGS
05. CHEROKEE
06. GENEALOGY
07. ON DAY ONE
08. MEDLEY; PHASE DANCE / MINUANO / PRAISE / MIDWESTERN NIGHTS DREAM / AS IT IS / THE SUN IN MONTREAL / OMAHA CELEBRATION / ANTONIA / THIS IS NOT AMERICA / LAST TRAIN HOME

[disc 2]
01. COME AND SEE
02. POLICE PEOPLE
03. TWO FOLK SONGS
04. BORN
05. KIN
06. RISE UP
07. GO GET IT

■2016年5月11日(水)発売
クオン・ヴー
『ミーツ・パット・メセニー』

WPCR-17275 2,400円 + 税

[収録曲]
01. ACID KISS
02. NOT CRAZY(JUST GIDDY UPPING)
03. SEEDS OF DOUBT
04. TINY LITTLE PIECES
05. TELESCOPE
06. LET'S GET BACK
07. TUNE BLUES
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015