ニュース

ピーター・アースキン、〈グラミー賞〉ノミネート『DR.UM』の続編となる新作発売 来日公演も

ピーター・アースキン(Peter Erskine)   2017/03/17 14:01掲載
はてなブックマークに追加
ピーター・アースキン、〈グラミー賞〉ノミネート『DR.UM』の続編となる新作発売 来日公演も
 ウェザー・リポートでジャコ・パストリアスと鉄壁のリズム・セクションを構成したスーパー・ドラマー、ピーター・アースキン(Peter Erskine )が2016年にリリースした『ドクター・アム』。2017年度〈グラミー賞〉“ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム”にノミネートされた同作の続編となる新作『セカンド・オピニオン』(WPCR-17701 2,500円 + 税)が4月5日(水)に発売されます。また5月10日(水)には、東京・丸の内 COTTON CLUBにて気鋭のメンバーと組む“ニュー・トリオ +1”での来日公演も決定。

 600作品以上のレコーディングやサウンドトラックに携わってきたアースキン。今回の来日公演のメンバーは、ブラジル知性派シンガーのタチアナ・パーハとのデュオでも知られるアルメニア出身のピアノ奏者、ヴァルダン・オヴセピアン、ピーターの甥であるベーシスト、ダミアン・アースキン、ベネズエラ生まれのマルチ・パーカッション奏者、アーロン・サーファティ。今年2月にはピーター・アースキン・ニュー・トリオ名義でアルバム『In Praise of Shadows』(Fuzzy Music / 輸入盤)も発表。ますます勢いを増すレジェンドに注目です。

■2017年4月5日(水)
ピーター・アースキン
『セカンド・オピニオン』

WPCR-17701 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 催眠療法
02. イレヴン・イレヴン
03. ストリート・オブ・ドリームス
04. ノット・ソー・イエス
05. ディド・イット・ハフ・トゥ・ビー・ユー?
06. ライダ・ローズ
07. ソーラー・ステップス
08. ドリームズヴィル
09. 柳よ泣いておくれ
10. 上を向いて歩こう
11. イーチ・ブレス

[演奏]
ピーター・アースキン(ds)
ジョン・ビーズリー(key)
ベンジャミン・シェアファード(b)
ボブ・シェパード(ts)
ヴァルダン・オヴセピアン(key)
ダミアン・アースキン(b)

ピーター・アースキン・ニュー・トリオ + 1
フィーチャリング・ヴァルダン・オヴセピアン、ダミアン・アースキン&アーロン・サーファティ

www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/peter-erskine

2017年5月10日〈水)
東京 丸の内 COTTON CLUB
自由席 8,500円(税込 / 飲食代別)
予約受付開始: 2017年3月18日(土)〜


[メンバー]
ピーター・アースキン(dr)
ヴァルダン・オヴセピアン(pf)
ダミアン・アースキン(b)
アーロン・サーファティ(per)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015