ニュース

フィル・コリンズ、コラボレーション楽曲を集めた4枚組『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』を発表

フィル・コリンズ(Phil Collins)   2018/07/20 13:48掲載
はてなブックマークに追加
フィル・コリンズ、コラボレーション楽曲を集めた4枚組『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』を発表
 ジェネシスのメンバーとして、ソロとして活躍してきたヴォーカリスト / ドラマーのフィル・コリンズ(Phil Collins)が、1969年から2011年までに残した多くのコラボレーション楽曲から59曲を収録する4枚組CD『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』を9月28日(金)にリリース。

 同作には、フィル・コリンズがドラマーとして参加していたジョン・ウォーカーウォーカー・ブラザーズ)のツアー・バンドが発展したフレイミング・ユース(Flaming Youth)のシングル「Guide Me, Orion」(1969)から、英国のシンガー・ソングライター、ジョン・マーティンの死後に発売されたアルバム『Heaven and Earth』(2011)の収録曲「Can't Turn Back The Years」まで収録。ブライアン・イーノロバート・フリップポール・マッカートニークインシー・ジョーンズリル・キムなど、多彩なミュージシャンとの音源が3CDに収められています。Disc 4はジョージ・ハリスンビー・ジーズトニー・ベネットらとの共演を収めたライヴ音源。

 タイトルは深い真実を含む、洒落の利いたプレゼントから取られたもの。ピーター・ガブリエルの脱退後、フィル・コリンズがジェネシスのフロントマンになった際、ジェネシスの専属ドラマーとなったチェスター・トンプソンがコリンズに誕生日プレゼントとして贈ったTシャツには、ドラム・スティックを持って、どんなセッションにも顔を出し、彼が尊敬しているミュージシャンのために喜んでプロデュースを行なうというフィル・コリンズの気持ちを象徴する言葉“プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ(他人に受けが良い)”と書かれていたのです。

 当時のジェネシスのプロデューサーを務めたレコード会社のA&R、ジョン・アンソニーは、フィル・コリンズを様々な音楽的な環境に適応するミュージシャンとして見ていました。コリンズは「ジョンはいろんなレコードをプロデュースしていて、いいドラムを求めていたから、僕を使ってくれた。よく夜中にトライデント・スタジオに行って、ただ楽しんでプレイして、朝の6時か7時に家に帰ってきた。ただプレイして時折お金になるってことを楽しんでいた。お金のためではなかった、ただプレイするためだったんだ」と振り返っています。

■2018年9月28日(金)発売
フィル・コリンズ
『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』


[disc 1 1969-1982]
01. Guide Me, Orion / Flaming Youth
02. Knights(Reprise) / Peter Banks
03. Don't You Feel It / Eugene Wallace
04. I Can't Remember, But Yes / Argent
05. Over Fire Island / Brian Eno
06. Savannah Woman / Tommy Bolin
07. Pablo Picasso / John Cale
08. Nuclear Burn / Brand X
09. No-One Receiving / Brian Eno
10. Home / Rod Argent
11. M386 / Brian Eno
12. And So To F / Brand X
13. North Star / Robert Fripp
14. Sweet Little Mystery / John Martyn
15. Intruder / Peter Gabriel
16. I Know There's Something Going On / Frida
17. Pledge Pin / Robert Plant
18. Lead Me To The Water / Gary Brooker

[disc 2 1982-1991]
01. In The Mood / Robert Plant
02. Island Dreamer / Al Di Meola
03. Puss ‘n' Boots / Adam Ant
04. Walking On The Chinese Wall / Philip Bailey
05. Do They Know It's Christmas(Feed The World) / Band Aid
06. Just Like A Prisoner / Eric Clapton
07. Because Of You / Philip Bailey
08. Watching The World / Chaka Khan
09. No One Is To Blame (Phil Collins version) / Howard Jones
10. If Leaving Me Is Easy / The Isley Brothers
11. Angry / Paul McCartney
12. Loco In Acapulco / Four Tops
13. Walking On Air / Stephen Bishop
14. Hall Light / Stephen Bishop
15. Woman In Chains / Tears For Fears
16. Burn Down The Mission / Phil Collins

[disc 3 1991-2011]
01. No Son Of Mine / Genesis
02. Could've Been Me / John Martyn
03. Hero / David Crosby
04. Ways To Cry / John Martyn
05. I've Been Trying / Phil Collins
06. Do Nothing ‘Till You Hear From Me' / Quincy Jones
07. Why Can't It Wait Til Morning / Fourplay
08. Suzanne / John Martyn
09. Looking For An Angel / Laura Pausini
10. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End / George Martin
11. In The Air Tonite / Lil' Kim featuring Phil Collins
12. Welcome / Phil Collins
13. Can't Turn Back The Years / John Martyn

[disc 4 live 1981-2002]
01. In The Air Tonight(Live At The Secret Policeman's Other Ball) / Phil Collins
02. While My Guitar Gently Weeps / George Harrison
03. You Win Again / The Bee Gees
04. There'll Be Some Changes Made / Phil Collins and Tony Bennett
05. Stormy Weather / Phil Collins and Quincy Jones
06. Chips And Salsa / The Phil Collins Big Band
07. Birdland / Phil Collins with The Buddy Rich Big Band
08. Pick Up The Pieces(Live At The Montreux Jazz Festival 1998) / The Phil Collins Big Band
09. Layla(Live At Party At The Palace, 3 June 2002) / Eric Clapton
10. Why(Live at Party At The Palace, 3 June 2002) / Annie Lennox
11. Everything I Do(I Do It For You)(Live at Party At The Palace, 3 June 2002) / Bryan Adams
12. With A Little Help From My Friends(Live at Party At The Palace, 3 June 2002) / Joe Cocker
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015