ニュース

Primula&BULLET'Sプレゼンツ、“No Future”縛りの変態テクノ・イベント開催!

Primula   2012/11/09掲載(Last Update:13/04/25 18:18)
はてなブックマークに追加
Primula&BULLET’Sプレゼンツ、“No Future”縛りの変態テクノ・イベント開催!
 90sを受け継ぐシリアスなテクノと、胸キュン思春期こじらせテイストの絶妙なバランスが話題沸騰中のアルバム『Youth Center』を8月にリリースした奇才・Primula。彼が、縁深い東京・西麻布のクラブ「BULLET'S」(bul-lets.com)と共同で、かの“No Future”テクノにこだわりまくったイベント〈NO FUTURE NIGHT !!!!!〉を11月22日(木・祝前日)に開催!

 ハードなフロア仕様テクノから、インテリジェントなサウンド・アートまで、幅広い音楽性を展開、RADIOHEADのリミックスでロック・ファンにもおなじみの天才・Cristian Vogelが90s中頃に提唱したコレクティヴ“No Future”。イーヴン・キックに囚われない複雑なビート・ワークを用いたアヴァンギャルドなスタイル、独特の乾いたユーモアのセンスが特徴。故・Phil Wellsが在籍し、日本でも絶大なる人気を誇るSUBHEAD、作品毎に変化する器用さと一貫した美学を持ち合わせた稀有の才能・Neil Landstrumm、ブレイクコアやダブステップのファンからも人気の高いSI BEGG、Cristian Vogelとのユニットsuper_colliderでも活動し、今や変態ファンキー・シンガーとしてその名を馳せるJamie Lidellなどなど、多彩な面々が名を連ねる異色集団です。

 今回は、SI BEGGのリミックスを手がけるPrimulaと、SUBHEADと交友の深いBULLET'S代表・HARRY:淑蘭*が、“No Future”への愛を全開でお届け! しかもエントランス・フリー! 詳しくはBULLET'Sのイベント詳細(bul-lets.com/schedule/2012_11/index.html#1122)をご覧ください!



Primula + BULLET'S 共同企画
NO FUTURE NIGHT !!!!!


2012年11月22日(木・祝前日)東京 西麻布 BULLET'S
開場 / 開演 21:00
入場無料

[DJ]
Drastik Adhesive Force / em(MEOW!!! / Glocal Pussys) / PortaL(Soundgram / 5gene) / Primula(Neguse Group) / Watanabe Masaki(Neguse Group) / shalma- / HARRY:淑蘭*(BULLET'S)
ほか

[live]
Primula(Neguse Group) / mauin(NANMANDA) / pq(NANMANDA)

[VJ]
Watanabe Masaki(Neguse Group) / MATSUTO(鬱とエロと漫画と音楽と破戒衝動)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015