ニュース

さだまさし、〈ほぼソロコンサート4500回ぐらい記念公演〉開催&ニュー・アルバム音源の先行視聴スタート

さだまさし   2021/09/16 12:20掲載
はてなブックマークに追加
さだまさし、〈ほぼソロコンサート4500回ぐらい記念公演〉開催&ニュー・アルバム音源の先行視聴スタート
 10月27日(水)に自身初となるフォークソング・カヴァー・アルバム『アオハル 49.69』をリリースすることを発表したばかりのさだまさしが、9月15日に東京・有明のガーデンシアターにて前人未到の〈ほぼソロコンサート4500回ぐらい記念公演〉を開催。

 さだは、1973年10月25日にグレープとしてシングル「雪の朝」でデビュー。その後「精霊流し」をはじめ数々のヒットを飛ばすも1976年春にグレープを解散。同年10月19日長崎県長崎市NBCビデオホールにて初のソロ・コンサートを開催し、11月25日にシングル「線香花火」、アルバム『帰去来』を発表。本格的にソロ活動をスタート。以降、1985年6月に1000回公演、1993年7月に2000回公演、2002年3月に3000回公演、2013年7月に4000回公演、と前人未到の記録を更新しました。

 この日、“ほぼ4500回”と銘打ったのは、2020年にコロナの影響で春スタート予定だった全国ツアーのスケジュールが約半年間延期となり、秋から感染症対策を万全に図り敢行したものの、この日迎える筈だった4500回目が4494回目にずれてしまったことを受けての、さだならではのユーモアたっぷりのネーミング演出によるもの。さらに、本公演はそのネーミングにちなんでステージ演出もユーモア満載のものとなりました。

 開演ほぼ18:00と謳ったとおり、開演時間よりも20分も早い17:40頃に「ちょっとひとネタやっとこうと思って」とフラっとステージ上に登場したさだまさし。「今日は“ほぼソロコンサート4500回ぐらい記念公演”というタイトル。この(去年できたばかりの)新しいコンサートホールで4500回を迎えようと準備してきて、今日の公演が4500回に足りなくなった理由は去年コンサートを中止せざるを得なかった公演が6公演あったからなんだけど、だったらタイトルを変えてしまおう、ってことでこのタイトルで今日の日を迎えてます」と挨拶。続いて「今度“アオハル 49.69”ってアルバムを出します。去年初めて暇な時間ってものを味わって(その時間に)“さだ丼”とこの作品を作ってました。10月25日で49年目の69歳。10月1日からは文化放送でレギュラー番組も始めます。そこではこのアルバムもたっぷり紹介していきます」とコメントし、10月27日発売のアルバムから「春夏秋冬」と「誰もいない海」をワンコーラスずつ弾き語り披露しオーディエンスを大いに沸かせました。まだまだしゃべり続けるさだを遮るように、18:00直前を知らせる開演のブザーが鳴ると「それではこの後はさだまさしさんの登場です」と舞台袖へひっこんださだ。そして改めステージ衣装で登場、「北の国から〜遥かなる大地より〜」を皮切りに幕を開けた本編ステージは前説・アンコールとあわせて約2時間半にわたり無事終演を迎えました。

 そんな全国ツアーは10月11日(月)の福島・とうほう・みんなの文化センターで正式な4500回目を数え、12月7日(火)、8日(水)の愛知・日本特殊陶業市民会館まで予定されています。

 なお、10月27日発売のアルバム『アオハル 49.69』収録音源全16曲の一部音源視聴が、さだまさしオフィシャル・レーベルサイトで同日より先行スタートしています。詳細はレーベルサイトをご確認ください。

拡大表示


拡大表示


拡大表示

写真: 田中聖太郎

さだまさし オフィシャル・レーベルサイト
jvcmusic.co.jp/sada
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015